来季は再びジョンソンと撮影へ気合充分!/シモン・チェンバレン(5)

LINEで送る
Pocket

SNOWboarder’s websiteで最も人気の高いライダー、シモン・チェンバレンがNomisのプロモーションのために日本にやって来た。プロモーション期間中は、展示会や神田・一日店長を行い、さらには東京観光まで楽しんだシモン。シモンを最も良く知るフサキが、シモンの最新情報をクローズアップする。最新インタビューだ。
(※インタビューは、カナダに帰るために成田空港へ向かう車の中で行われた)


Interview & Photo by Fusaki Iida 
 

シモン、おつかれさま!今回で6度目の来日だけど、どうだった?

とっても楽しんだよ!本当にお世辞抜きに良い経験をさせてもらった。招待してくれて、ありがとう。

どんなことが楽しかった?

神田でファンと交流できて楽しかったし、観光スポットも連れて行ってくれて良かった。いろいろおいしい食事をご馳走になれたし。てんぷら屋さんで食べたエビの頭やしいたけ、おいしかったなあ。クラゲを食べたのは、ちょっとビックリだけど(笑
何より今回、婚約したばかりのメガンといっしょに来れて、彼女のこれまで見たことのない側面が見れて良かったよ。

今季はどんな動きをするの?

StepchildとThirtyTwoのチーム・ビデオでショーン・ジョンソンと撮影する。2月には、毎年恒例のスロープ大会を絡ませて、再び日本へ来る予定さ。
キッズの時から憧れていたJP(ウォーカー)と撮影することができて、とても楽しみだよ。いつもよりも自分をプッシュしちゃいそうだよ。JPにカッコ良いところを見せたいからね(笑)。

すでにJPとは撮影しているよね?

ベアーマウンテンのレギュラー対グーフィー大会イベントの時と、ウィスラーのサマー・キャンプで。
だけど、本格的にいっしょに撮影しまくるのは、今季が初のこと。JPには、いろいろプロとしてのあり方など学べそう。

シモンは昨年ショーン・ジョンソンと離れて、マックダウのピープルの撮影クルーと撮影したことが多かったけど、どんな違いがあったの?

基本的にはどちらもプロのフィルム・プロダクションズだからね。あまり変わらないのだろうけど、ショーンは僕がもっと若いから見てくれたし。何より「行けよ」って気運が高いかな。メイクするまで辞められなかったり(笑)。

日本での撮影の時も、レールをやるとすぐにおまわりさんが来るから、朝4時頃狙ってやったりね。かなりガンガン行くよ。
再びショーンと撮影することを考えると、気合入るね。
頑張らなくっちゃ!(笑

シモンにとってやはりショーンというのは大事な存在だと思うよ。いつもシモンのケツを蹴っ飛ばしてくれるような存在。そういう人って人生で大切だよ。

そうだね。

来季のビデオでやってみたいトリックとかある?

いろいろ考えるけど、特別にやってみたいトリックというより、クリエィティブなことをやりたいんだ。誰もが考えつかなかったクールな映像を残したり。自分自身もっとうまくなって、多くのスノーボーダーに感動を与えるような画を残したいね。

ところで、シモンはいつも上達のコツを聞くと、楽しむこととかリラックスするとか言うよね。もちろんそりゃそうなんだけど、何かもう一つ伝わっていないと思うんだ。実際、それを聞いて実行することが、即シモンのようにうまくなれないとうか。

どれだけ真剣に打ち込むか、ということだろうね。スノーボードが大好きで、ずっとそればっかりやって、そのことばかり考えて。人は、いろいろな興味を持つけど、僕はずっとスノーボード漬けだったから。

マット(チェンバレン兄弟の長兄、Nomis社長)が言っていたけど、アンドレ(シモン双子の兄、Nomisチーム・マネージャー)はシモンと違ってガールフレンドがいたり、音楽をやったりなど、いろいろなことに興味を持ったりした。だけど、シモンは、まさにスノーボードばかりだった、と。

確かにそうだった。僕は本当にスノーボードが好きで、裏庭でもやっていたぐらいだから。

シモンが裏庭でひたすら練習していたのは有名な話で、お父さんが夜でも練習できるように電気も付けてくれたといいうことだけど、日本には室内で滑れることは知っているよね。シモンもそういうところあったら通っていたかな?

絶対行っていたね。とても良い練習環境だと思うよ。


そう言えば、先日、オリンピックでスロープスタイルがあればぜひ狙ってみたい、と言っていたけど、あれ本気?
 
もちろん。だってオリンピックに出れるって凄いことじゃない。

Nomisは今年新たな展開としてウェアーも出したけど、シモンは今後どんなことを考えているの?

徐々に大きくなって行くことが良いことだと思っているよ。だって長い時間を掛けてできたものの方が強いから。これまでやっていなかったギアなどに広げて行くとか、あまり考えていない。だけど、自分だけの意見でなく、グループで決めて行くことだから。どうなるか、わからない部分もあるな。
とりあえず、これまで信じられないくらいうまくいって、Nomisを購入してくれた方、またいっしょに関わって応援している方など、本当に感謝しているよ。 
みんな、ありがとう!

都内料亭の庭でくつろぐシモンとメガン。

シモンのお気に入りはアクエリアス。

   

Nomis日本スタッフ&ファミリーと記念撮影。

Gセッション斡旋のインタビュー。

   

神田でファンと交流。

サイン会も大盛況!

   

日本の心?

トランス誌DVDのインタビュー。

LINEで送る
Pocket