日本人で只一人!Stepchild & Nomisライダー/高橋 烈男

LINEで送る
Pocket

シモン・チェンバレン、クリス・ウィンブルス、リスト・ルコーラ。3人の共通点は、StepchildスノーボードとNomisのアウト・ウェアーまでフル・サポートを受けているという点だ。両ブランドは、同じカナダ・バンクーバー近郊という同じエリアにあり、お互いをよく知り、いっしょにビデオまで作ったのに、意外に両ブランドをスポンサードしているライダーの数は少ない。言わば、この両ブランドを持つライダーは1つのステイタスを持っていると言えるのかもしれない。しかし、日本にも只一人だけ、両ブランドをスポンサーを持つライダーがいる。それが、高橋烈男だ。
今回のグローバル・インタビューでは、両ブランドを使用する誇りや自覚、また今後の活動についてきいてみた。


Photo by Ryo
Interview by Fusaki

Stepchild、Nomisのライダーとなって2シーズン目を迎えました。振り返って、昨シーズンはどんなシーズンだった?

先シーズン頭からチームに入ってすぐにStepchild、Thirtytwoチームのジャパン・ツアーがあるからって話があって。
彼らが来るまでは変なテンションになって食欲がなくなったり、緊張しましたね。
ツアーが始まったら毎日最高の経験をして最高にいいモノを見て、オレも最高のライディングをして、あっという間に彼らは帰ってしまった感じです。
毎日夜中まで撮影をして、スロープスタイルに参加してm終わったらすぐに移動して撮影という日々。彼らもかなりハードだったと思います。だから今季はもう少し時間を取って来るらしいですね!オレもそうしてもらいたいですし(笑)。

実際にシモンなどと撮影してみて、どうだった?

オレが思っていた外国人ライダーは、勢いだけで成り上がってきたのかと思ってたんだけど、全然違いましたね。凄い賢いしすべてを計算してる感じでした。 勢いはもちろんあるけど、そこには凄い大きな自信があって。ビックリしました。
あんなレベルの高いトリックをやるには勢いだけじゃ絶対無理だと思ったし、勢いプラス、技術プラス、自信の凄さに驚かされました。
すべてが凄いからあれだけ凄いライディングが、できるんだなーと感じました。

撮影を始めて何日目かにあるストリートレールに連れていったら彼らの顔が一気に本気になって、見てるこっちが怖くなるぐらい凄い撮影でした。
彼らが本気になれる場所に連れていっていっしょに撮影できて、最高に幸せでしたね!

JPやシモンなど、今季も2月の末に来る予定なので、楽しみです。

そもそも最初にStepchild & Nomisのライダーの話が来た時、どう思った?

6年間OPTION、NFAのインターナショナルライダーとして活動していて、海外のカタログ、雑誌の広告等にも出ていました。突然NFAがなくなるってことを聞き、悩んでいた時にNomisのウェアーを着ないか?って話をもらったんだけど・・・。
NFAのインターナショナルライダーとしてやって来てプライドもあったから、NFAがなくなったからnomisを着るってのが抵抗あってかなり悩みました。

元々ブランドをトータルで考えていて、イメージがバラバラになるのが嫌で同じイメージのブランドを使いたかったんです。Nomisを着るイコール、Stepchildに乗るイコール、Thirtytwoを履くってことで、スノーボード人生初めての移籍を経験しましたね!

確かにこのブランドにはビデオ制作やシモンというライダーが機軸になっているなど、つながりを感じるし、事実、お客さんの方でもこの3つのブランドを購入している方も少なくないと思います。
そして、ちょうどこの頃、JPの移籍の話が出ていた頃だったと思うけど、この移籍はレオにとって何か影響があった?

そう、オレがStepchild、Nomisを決める一週間前にJPがSTEPを乗るって聞いて一気にテンション上がりました!
昔からJPは憧れのライダーだし、そんな人と同じチームでできるって思うだけでワクワクしましたね。
今は最高のチームの一人として、日本人唯一のライダーとして頑張って行こうと思ってます。
Stepchild、nomisの日本担当として最高のパフォーマンスをしていきたいです!

レオの映像や写真を見ると、ジブをしているところが目立つのだけど、ジャンプも好きだよね?

よく言われますね(笑)。
オレがスノーボードをはじめた頃は、レールやボックスとかなくてハーフパイプがすべてな感じの時でした。ずっとハーフパイプをしていて大会とかも出てたし、成績も結構良かったんですよ~。今でもたまにハーフパイプに入るけど、全然行けますよ!
キッカーでもちゃんとクルクル回ることできます(笑)。Slopestyleにも毎年出ていますしね!

ただ僕が雑誌にたくさん出れるようになったきっかけがHi techって言うレールの大会で3位になったこと。次の年には同じ大会で優勝したり最近何かとレールの大会で勝ってるし、いつの間にか高橋烈男イコール、ジバーって言うイメージがついちゃいましたね~。

でも自分を表現しやすいのはレールやボックスなのかもしれませんね・・・。別に嫌じゃないしオレの名前をどんな形でも知ってもらえればいいですね!
だけど、みなさん高橋烈男はジャンプ大好きです!(笑) 

ジブにしたってインやアウトでもジャンプ技術を使うわけだしね。シモンもジバーに見られているけど、ジャンプもうまいし、パイプもうまい。それと同じことだよね。
ところで、今後どんな映像や写真を残していきたいですか?

今、一番自分を表現していくのに必要なのは、ストリートなロケーションだと思っています!
基本的に大会より撮影の方が好きですしね!
去年、今年とスノーボーダー誌の表紙になったり確実にいい写真、いい映像を残してます。
ただのストリートや誰かの真似ではなく、そこに自分のアイディアを入れたりカメラマンのRYOが新しい撮り方をしたりで一枚の写真を作ってます!
一枚の写真に対する思いは年々強くなっています。

トリック、写真、映像、僕がスノーボードを履いてできることをみなさんにお届けできればいいなと思います!
これからもいろいろ挑戦してみたいですね!
スノーボードは自由ですから。

昨年はシモン、JPなど撮影して海外にも一歩足を踏み入れる状況立ったかな、と思うけど、今後、海外の進出を考えていますか?

彼らと撮影したりSTEP CHILDチームDVDに出れたのは、オレのスノーボード人生の中でも最高の経験でしたね!今年のカナダであったCOC(注:真夏にカナダで行われる世界最大スノーボード・パークのキャンプのこと)では、nomis weekのゲストライダーとして招待してもらったり、昔からの憧れJPともいっしょに滑ったし!
だけど海外進出は一切考えていません。
昔はやっぱり海外で活躍したいって思いがあったけど、プロになって周りの人たちにオレのことが必要とされているってのが大きくなってきた頃に、今の考えになりましたね。
STEP CHILD、nomisチーム唯一の日本人ライダーとして日本でSTEP CHILD、nomisを広めていかないといけない思っています。
そのためには日本の冬に日本で滑ることが必要だし、オレの滑りをたくさんの人たちに見てもらえるような環境にいたいですね! 海外をベースにしたら生で滑りを見せることが難しいと思うし、オレはあえて混んでる週末でも滑りに行きますよ。 プロって生で滑っているのをなかなか見れることないと思いますが、オレはプロだけど一般の方にとって身近な存在でもありたいですね!
ちなみに新潟県の池の平スキー場で普通に滑っていますよ。
7月にあったCOCではみんなと滑るし、シモンやジョーやJPが日本に来たらいっしょに撮影してますしね!ちゃんとチームが集まるときは参加してます。
日本がコンディション悪くて海外のコンディションが良かったら行きますけど、基本は日本で滑ります!


今季は、100トリック収録したDVD『BOX GOGO』をリリースしたけど、そのコンセプトを教えてください。

BOX GOGOには、フラットのボックスだけで100トリック入っています!

シーズン中の撮影の時には、ウチのクルー5人で撮影しています。ライダー同士でカメラを回してるんで、いつもいろいろな海外のDVDを見て取り方の研究してるんです。それで、撮影をしている内に「ビデオ作ってみる?」って話になったんですよ!

もともとハウツーを作りたかったわけではなかったんですが、ライダー2人でビデオを作るには時間的にもハウツーしかないね、ってことになり内容はうちらの得意なBOXで決まりました!

本編はハウツーしているところが7割で、残りはいつも撮影している方法で撮ったカッコいいボックスでの映像、ワイヤーカメラやクレーンカメラ撮影のものなどが入ってます!

ボーナスには去年あったSTEP CHILD、thirtytwoのジャパン・ツアーの映像を入れています!
見せるってよりもこんな感じの撮影でしたよ~みたいな内容にしました。
シモンやジョー、マルクコスキも出てるからみなさんそちらも見てくださいね!

いざ作ってみてビデオを作る苦労も知っておけばもっといい撮影ができると思ったし、全国のお店に行ってみたり事務的なこともしてみたり。今まで頭より体を使ってきたオレがかなり頭使ったから結構大変だったけど、本当にいい経験をしました。
毎年新しいことをやっていきたいし、今シーズンは自分で初めて企画したボックスゴーゴーキャンプもするし刺激的な毎日を送ってます!

最後に一言、読者へメッセージを。

かなり飽きっぽい性格のオレが10年も続いているスノーボード、理由はやっぱり楽しいからですね!
頑張って頑張って新しいトリックができた時は最高の気分ですよね?
オレはその快感がやめられないからこんなに続いていると思います(笑)。
スノーボードの遊び方は自由だし、一日でも多く滑ってくださいね!
オレは朝からラストまで滑りまくってます(笑)。
そして常にKeep Smileで行きましょう!
これからも応援よろしくお願いします!そしてこれからも高橋烈男に注目してください!

高橋烈男のブログ
http://ameblo.jp/keepsmile55/

 

プロフィール
高橋 烈男 Reo Takahashi

Sponsors:
STEP CHILD, nomis, thirtytwo, tech nine, IS eyewear, eb’s, life time collective, magical gogo,newera, 技巧屋, GOGO FACTORY

出身地:埼玉県
ホームマウンテン:池の平
血液型:B型

スタンス角度:15°-3°
スタンス幅:53cm

好きなトリック:フロントサイド360°(キッカー)、スイッチフロントサイドボードスライド (レール)

好きなライダー:JPウォーカー、ジェレミー・ジョーンズ

好きなスノーボードDVD:MACK DAWGの作品

 

LINEで送る
Pocket