日本からメジャー選手を育てる!/高石 周

LINEで送る
Pocket


聞き手:飯田房貴
写真:佐藤 貴(DMK編集部)

昨今、世界から毎日のようにスノーボード動画がアップされるような時代になった。
そこには、メジャーなものから、かなりローカルなものまで様々。
しかし、ローカルと言えども侮れない。特に北欧からアップされる動画には、驚くようなスキルを持つライダーがいる。
また、最近は世界的に15歳前後のユースの台頭が激しい。コークの2回転以上のトリックは、かつては有名ライダーの専売特許であったが、今ではまったく無名のティーンネイジャーが決める時代。その背景には、ビジュアルから情報を得るための溢れんばかりの良質なビデオ素材。また、インドア施設が増えたことにより、オフでも練習できる環境などがあるようだ。
そして、カリフォルニアあたりでは、相変わらずクリエイディブでユニークなトリックがどんどん生み出せれていく。彼らからは、スノーボード・トリックの未来を感じさせてくれる。

一方、日本はどうだろう?
徐々に世界へ発信されるライダーやビデオは増えているかと思うが、その数は依然少ないように思える。アメリカに次ぐ、スノーボード市場規模、2番目というポジションながらお粗末な現状ではないだろうか。
海外のスノーボーダーたちが、日本人のライダー名を聞けば、「フーセ(忠)」、「カズ(コクボ)」ぐらいしか出てこないのが現状だ。
アメリカ人のライダー名と言えば、それこそ凄い数の名前のライダーが浮かぶし、カナダもヨーロッパ各国でも、いろいろなライダー名が思い浮かぶ。

また、日本から発信されるビデオのクオリティ、量も海外から比べると乏しいような印象を受ける。
日本人ライダーには、スキルがないのか。日本人にはクリエィティビティがないのか。いや、そんなことはないと思うが。

英語のハンデにより、世界へ発信し難い環境なのか。
それは、あるかもしれないが。
 

そこで、今回のインタビューでは、日本を代表するスノーボード・コーチの一人、高石周氏を招いて『日本からメジャー選手を育てる!』というテーマで話し合ってみた。
周コーチは、カナダで本格的にコーチング学を学び、実際に今、日本を代表するスロープスタイルのライダーたちを育てて来た。グローバルな視点と、日本のライダーたちの現状をよく知る氏に、日本スノーボード界を強くするヒントを伺う。


スノーボードウィズ代表。NCCPなど、カナダのコーチング資格を習得し、ナショナルチーム・クラスの選手をコーチングする資格とスキルを持つ。
これまでにも、
日本を代表するスロープスタイル選手やハーフパイプ選手を育成。


聞き手: 飯田房貴
DMK Global代表。28年間というスノーボード・キャリアの中でハウツー関連の雑誌やビデオ制作のディレクターを行う。
また、Westebach、Nomis、AWSM等のディスリビューターでもあり、世界のトップ・ライダーとの親交も深い。
シモン・チャンバレン、トースタイン・ホグモなど名が広まっていない若手時代から関わり、世界でもいち早くメディア露出に成功している。

 


今回は「日本からメジャー選手を育てる!」というのが、テーマなのですが、周さん自身、日本の若手ライダーを育てて来て、日本人ライダーに必要なことはなんだと思いますか?

あくまで持論ですが、まずは「思考(心)」が日本から外に出ていかないといけないと思います。
鎖国してきた国の歴史から、日本人はいまだに海で仕切られた国境線の中で暮らし、ものを考えるにもその中の事情で考えています。
スノーボードの世界でも同じです。
日本人は日本人の中で競争し、その中で自分の限界を決めたり、満足したりしています。

その中の一握りの人が海外に追いつけと海外のマネをします。
そしてその人に遅れて次の人たちがその人をマネします。
もしもっと多くのスノーボーダーが海外の最先端のレベルを直に、そして一斉にマネしたら?
その時間差はどんどん埋まっていきます。
世界が英語社会になっていることも、日本人が海外に対して劣等感を持っている原因と言えるでしょう。
例えば北米の人たちはイントネーションの強弱で話したり、個人が独立して個人を強くアピールする文化の中に生きています。
それに対し日本人は、強弱よりも流れを主とする言語を話し、周囲との協調性を大事にする文化です。
どちらに強さを感じますか?
こんな事情が裏にあるのは否めませんし、これらは消しようがないんだと思います。
日本国内でも世界的な思考(心)を持つ強い方はもちろんいますが、日本の政治家のように多くの人が世界に対応できないメンタリティー(劣等感)を抱えているのが現状ではないでしょうか。

実際には、多くの日本人の若手スノーボーダーが、海外に出たい、グローバルで活躍したいという声を聞きます。
日本人ライダーたちは、グローバルで活躍することを夢見ているように思います。
ですから、決して一握りの日本人だけが世界を目指しているようなことはないような気がするのですが。
周さんは、彼らの決断が本物でないように見えますか?その心意気とは裏腹に行動で示していない現状というか。

確かに多くのライダーが世界での活躍を「夢」見ていると思います。
しかしまだ達成すべき「目標」にはしていないでしょう。
「夢」を見ながら、実際に競争相手としているのは日本人なんだと思います。
「あんなふうになりたいなあ」と思っていると、何年か後に「なりたいなあと思っている自分」ができあがるだけです。
一方より具体的に「○○○になる!」と強く決めている人は、その行動が確実に目標達成する方向に向かっていくので、より実現性が高くなります。
ポテンシャルがあっても具体的な達成のためのプランがないから行動が伴わない。
結局は身近な競争環境で自分を試すだけの日々で、時間はどんどん過ぎていくのでしょう。
海外での活躍は「興味」であって、また「意志」のレベルまで達していないと分析しますね。
海外への「意志」が強くなって来れば、自然と「覚悟」することになると思います。
それこそ田原ライオ、布施プロや国母プロのようにです。

以前、忠(布施プロ)が、「テリエだって同じ人間だ。テリエにできてオレにできないことはない。」というようなことを言っていたのですが、そもそも日本人の多くは、海外ライダーと比べて、夢を実現するという思考にならない人が多いです。忠などは一部例外で、多くのライダーはシュウさんが言うように、「意思」がなく、「覚悟」に結びつかない。そのような背景には、何があると思いますか?

やはり海外の人間と同じ土俵に立つ感覚がわからないからでしょうね。
海外の人間が同じ人間に見えないんですよ。
まるで宇宙人に見えるというか。
そこには「海外の人間が何を考えているのか、わからない」という事実があると思います。
さらに未知の世界での活躍のイメージが持てないことで「自信」もないでしょう。

田原ライオや布施プロはイメージがあったと思いますし、国母プロや中井プロは田原プロを見て活躍のイメージを持ったと思います。

ここを解決する手っ取り早い方法は、海外の人間とできるだけたくさん交流することであると思ってます。
単純に相手を「知る」ことで、相手にも自分たちにも劣っているところや勝っているところがあることを心底理解できます。
そして布施プロのように「みんな同じ人間だ!」という思考に近づけるのでしょう。
そしてさらにそれを実現するために有効な手段が「英会話」だと思います。
英会話を駆使して、海外という未知の世界でそのポテンシャルを十二分に発揮している良い例が、ナツキ(※1)やリョウキ(※2)ではないでしょうか。

(※1)佐藤夏生、カナダのウィスラー高校に通い卒業し、学業でも優秀な成績を収める。
カナダのプロ戦で活躍し、優勝は3回。現在、日本女子ではスロープスタイル最高峰ライダーの一人。
ウィスラーにいる期間、高石周氏の元でコーチングを受けた。

(※2)小川凌稀。ボルコム大会で優勝したり、トランス誌のアップカマー・ページでするなど、今、日本のアップカマーで最も熱いと言われるライダーの一人。
中学卒業後に、カナダのウィスラーで活動し、現在はウィスラーのローカル・スノーボードショップで働きながらライディングしている。
ナツキ同様に、周氏のコーチングを受けて育ったライダー。

もちろん、英語というのは大切な要素ですが、それ以前に日本人は考え過ぎてしまうというところがあると思います。
例えば、カナダにはたくさんの人が英語をうまく使えなくても、そこでビジネスをして頑張っている人がいます。バンクーバーのローカルな床屋に行くと、英語がほとんど話せないイラン人のオバサンのオーナーがいたり。
現在、YES Snowboardsのオーナー兼ライダーとして活躍するDCPに関しても、東のフランス語圏から西のバンクーバー、ウィスラーの方に来た時には、ほとんど英語が話せなかった。それでも、英語を話すライダーたちと「つるめた」というのは、言語の面で日本人以上に難しく考えないと思うのです。

  

確かに言語習得は日本人の持つ壁を壊す有効な手段の一つでしかありません。
田原ライオや布施プロのように、先駆者のいない状態でも成功のイメージを明確に強く持てることが最良です。
DCPや英語の話せないオーナーさんなどは、自分の居慣れた場所を自ら飛び出て新しい環境に身を投じる強い行動に出ています。
ということは「興味」を通り越して「意志」を持って行動し、現地では「覚悟」して活動してます。
そこではおそらく失敗しない方法を考えるより、成功する方法を優先的に強くイメージしているだろうと想像します。
また「チーム」で強い力を生み出す日本人は、逆に「個」では力を十分発揮できない傾向にもあるようです。
ここも要因である可能性があるのではないでしょうか。

「興味」→「意志」→「覚悟」という昇華を生むために、何か具体的なアイデア、もしくはアドバイスありますか?

単純ですがこれが一番簡単な方法だと思います。
まずは友達と海外に長期滞在して、その友達と海外のコミュニティーにどんどん入っていきます。
海外に出ていくだけでも、その環境の違いに刺激を受けて、今までの「当たり前(日本のルール)」を疑うようになります。
少なくともこれが何か自分が「変わらないといけない」と思うキッカケになるでしょうね。
もちろん1年で人間が変わるとは思いませんので、長いスパンで考えないといけないでしょう。
国内にいても、海外から来ている人たちとの交流時間を増やし、プライベートのほとんどの時間を埋めるくらいやってもやり過ぎではないと思います。
それが同じレベルのスノーボーダーグループだったら最良ですよね。
もちろん英会話でコミュニケーションすることが大切だと思います。
先方のルール(当たり前)の中で過ごす時間が多いほど、より日本人のアイデンティティーを感じさせますし、日本人として海外の人間と同じ土俵に立っていることをより強く自覚できると思います。

国内でかなりトップのレベルに位置するライダーたちは、早急に海外に拠点を移さないと、この先数年で一気に立場はひっくり返ることになるでしょう。
現在のジュニア世代は国内で15歳まではテクニックを身に付けて、16歳から少しずつ海外でローカルと滑る時間を増やし、20歳までには海外に拠点を移すべきです。
高校での英語勉強はあまり役に立たないので、中学での英語をしっかり勉強して、身近に海外の人とおしゃべりする機会を設けましょう。

なるほど、これは良いアドバイスになりますね。
これまでは、主に精神的な部分を話して来ましたが、そもそも日本人がメジャー舞台に立てるフィジカルを持ち合わせていると思いますか?
幸い(?)スノーボーダーは世界でも多くの小柄な方が活躍しているので、身長の部分ではOKだと思います。しかし、西洋人に比べて速筋(※3)の量が少ないとも言われていますが、シュウさんは日本人の体型などのフィジカル面が、世界で通用すると考えていますか?

自分も速筋の話を知ったときはかなり悲観的になりましたが、最近の日本人アスリート(サッカー、野球、体操、水泳など)の活躍がそんなデータによる不安は消し去ってくれました。
あきらかに体のハンディキャップを感じさせないパフォーマンスを見せています。
もちろん単純に体力測定したら敵わない部分は多々あると思うんですが、スポーツは結局そんな単純ではないということでしょうね。
重い方が有利、とか手足が長い方が有利、なんていうのは結局は「有利」であるだけで絶対的な要素ではないですから。
特に「技術」がパフォーマンスを決める強い要素のスポーツでは、日本人にとってより活躍する可能性は高くなるのは必然ですね。
フリースタイルスノーボードなんてその主たる種目だと思います。
例えば空間(エア)での認知能力やコントロールスキルは筋肉の質にはあまり関係しませんし。

(※3)速筋とは、瞬発力を引き出す時に使われる筋肉で、ジャンプなどパワーに富む。長距離系に使われる遅筋と、速筋の割合は日本人の場合は、20~30%/70~80% 速筋/遅筋と言われている。アメリカ人の割合は、速筋/遅筋 50%/50%なので、西洋人に比べてパワーがない日本人はこのようなデータからもわかる。

フィジカル面でハンデがないのなら、逆に日本人は練習に真面目に取り組む勤勉性があるし、むしろメジャーに行ける可能性があると言えますね。
しかし、1つ懸念されるのは、環境面です。
昨今、インドア施設の充実など、最近では千葉にキングスができたことで盛り上がっているようですが、海外ライダーたちが体験しているようなダイナミックなリゾードで、なかなかライディングできません。ヨーロッパや北米では、大きなスキー場がたくさんあるけど、日本のスキー場は狭いところが多いので、海外リゾートのようなフリーランが楽しめないという部分があると思います。
シュウさんが言う、二十歳までに海外に拠点を移すべきというのは、こうした環境面にも配慮されたからですか?

いえ、できるなら早い時期から海外で大きな山を滑るシーズンを送りたいところです。
15歳くらいになると体の成長も落ち着いてきますし、ゴールデンエイジ(※4)も終わります。
さらに自立心も芽生える時期ですので、本当ならここで海外に行きたいですね。
しかしながらジュニアが海外に保護者なしで滞在することの様々なリスクや精神的な適応力、自己管理能力を考えると簡単ではないんです。
経済的な問題もあるでしょうし、では19歳までは日本で技術力を高めておくことが最良かな、となるわけです。

おっしゃる通り、現在はオフシーズンの日本の施設が充実しており、その良い影響が確実に結果として出ています。
ただしどこの施設も一発飛んで終わりですし、山に行っても練習環境(山、パーク)が短いので、集中力を長く保つ習慣がないんです。
海外の場合だと、例えばパークだと凄いスピードで止まらずに一気に下まで滑っていきます。
フリーライディングではその豊富な地形変化のバラエティーの中で一気に止まらずに高速で遊びながら滑っていきます。
これらは高い集中力を長く継続させる「トレーニング」のようになってるわけです。
こういう環境が日本にはないですよね。
私はこれがスロープやクロスのような競技で、日本人のトップ選手が出にくい最大の理由だと考えてます。

(※4)ゴールデンエイジは、9歳から12歳頃とう時期、一生に一度だけ訪れる「即座の習得」が可能な時期。
技術の習得は新たな神経回路の形成なので、脳・神経系がやわらかい性質が高い方が有利。従ってこの時期、あらゆる動作を極めて短期間に覚えることができる。
また、このゴールデンエイジを活かすためには、その前のプレ・ゴールデンエイジ(8歳~9歳)で、運動能力の基礎を形成するために様々なスポーツをやると良いと言われている。
まとめると、9歳までには子供が楽しいと思うスポーツ、鬼ごっこなどでも良いをやらせて、日頃からたくさん身体を動かす習慣を身につかせ、9歳から12歳までに様々なスノーボード・テクニックを習得させると良い。身体はまだ成長していないので、スピードやジャンプの大きさにこだわるのでなく、技術面を成長させること。

なるほど。以前、自分も日本でトップ選手と言われるライダーと滑って、意外にうまくないことに驚いたことがあります。このうまくないという意味は、山滑りのスキルや体力面のことで、自分のような者でも簡単に付いていけたし、しかも重いカメラバッグを持っていた状況ですから。しかし、同じ日本人でも忠と滑ると圧倒的に付いていけない感覚に襲われたりします。ああ、コイツの本気の滑りを見るには、もっと自分のスキルや体力を上げないといけないな、という。
そして、海外のライダーたちは無名でもうまいと思わせるライダーが多いです。シモンにしても、ジバーで名を馳せながら、実を言うとパウダーやパイプがうまくてライダーとしての奥深さを見せてくれたり。日本人ライダーたちは、決まった環境で滑ることが多いせいか、こういうバリエーションの対応力も弱かったりしますね。日本でも北海道で育ったライダーは、カナディアン・ライダーのような匂いを感じることもありますが、まだまだだと思います。

結局何が楽しくてやってきたかがその人のパフォーマンスとなっていると思うんですが、日本人のパフォーマンスに幅の広さが見られないというのは、幅の広い環境がなかったからその楽しみを知らないままここまで来た、ということだと思います。
楽しければその環境をとことん楽しみながら、どんどんそこに費やす時間も増えて、自然と上達してるはずです。
ようするに日本の山では環境に限りがあって、その分ポテンシャルが高くても十分伸ばすことができないということでしょうね。
例えばウィスラーなら、日本にないような大きな山が2つも並んでいて、その滑る環境は極めて自由度が高いです。
さらにそこには山で味わえるすべての環境(パウダー、ツリー、クリフ、豊富な地形バリエーション、パーク。。。)がそろっています。
一つのことをずっと練習すれば、そのことにおいて確かに上達します。
しかし様々な環境で鍛えぬいた総合滑走力は、どんな種目においても強い適応力と修正能力となって表れてきます。

先日聞いた話ですが、ある日本人プロライダーが北米の大会でうまく攻略できなかったアイテムがあって、帰国してから地元のパークに同じようなアイテムを置いて練習していたそうです。
これなら確かにそのアイテムにおいて上達するかもしれませんが、次の大会でまったく違うアイテムがズラリと並んでいたらどうするのか?

そうではなくて、レベルの高い環境に拠点を移して、どんどん未知の体験すること。やったことのないアイテムや環境を滑りまくるようなことを繰り返すことで総合滑走力(総合バランス能力)を高めることの方が理にかなっているわけですよね。
さらにそこ(北米)には自分より上手いライダーがあっちこっちに滑っているわけで、彼らに混ざって滑ることは毎日新しい事にチャレンジしなければいけないことになります。
つまり総合滑走能力(バランス能力)をどんどん上げることになって、結果どんなアイテムにも対応できるようになっていくわけですね。

まさにリョウキがやってきたことで、彼の滑り、総合滑走能力、適応力を見てもらったら理解いただけると思います。


この対談、とてもおもしろかったので、これからも機会を作って、ぜひ続けていきたいと思っています。
最後にシュウさんから、メジャーを夢見る日本の若者にメッセージをいただき、今回は終わりにしたいと思います。

自分の限界値は自分で選んだ環境や思考でかなりコントロールされます。
とにかく世界は広いんです。
人間が進化し続けるには、自分に「足りない」と思うことを何度も経験し、その「足りない」を埋める(乗り越える)行動を続けなければいけません。
「足りない」と思うこと(困難、壁)が少ないほど、人間の進化は減速します。
なぜなら進化の必要がないわけですから。
世界では日本の「当たり前」が通用しないことばかり。
海外に出て日本の「当たり前」が通じないことを知り、そして日本の「当たり前」を疑いましょう。
その上で日本人の良いところを保ちながら、海外の良いところ(日本人が「足りない」こと)を貪欲に吸収すれば、最近のサッカー選手のように日本人はもっと活躍することになるでしょう。
だから日本を飛び出た思考と行動が重要なんです。
もっと未知の世界に飛び出ることをワクワクしながら、そして未来の自分を常にポジティブに「妄想」してください。
自分はコーチとして、もっと日本人スノーボーダーが世界で活躍していていいはずだ!と強く思っています。
あの勤勉性と緻密さ(こだわり)は日本人だけの非常に強い武器です。
あとは「心」と「環境」を180度変えるほどの強い「意志」と「覚悟」を持ってください。
この2つが上記したように変われば、自然と皆さんの限界値は上がり、すでに備わっている勤勉性と緻密さが日本人のパフォーマンス(技術)を世界のトップに押し上げるでしょう。
期待してます!

みんなからのメッセージ募集!

この対談でみなさんが感じたこと、シュウさんに質問したいこと。
また、これからの対談で取り上げてほしいことなど、なんでもいいです。
ぜひ、みなさんのメッセージ聞かせてください。

e-mail: fusaki@dmksnowboard.com


本気で上達したいスノーボーダーへ!

高石コーチのコーチングプログラムの詳細はこちらから。
まずは気軽にお問い合わせください。


http://www.snbw.net/

 

 

好評!高石周コーチのためになる雪上ハウツー&オフトレ企画滑る前にやると絶好調!ダイナミック・ストレッチング(前編)
http://dmksnowboard.com/special/7644

滑る前にやると絶好調!ダイナミック・ストレッチング(後編)
http://dmksnowboard.com/special/7751

How to Spin Vol.1
http://www.dmksnowboard.com/special/3355

How to Spin Vol.2
http://www.dmksnowboard.com/special/3412

How to Spin Vol.3
http://www.dmksnowboard.com/special/3465

効果抜群!オフトレ(上)
http://dmksnowboard.com/special/2985

 

効果抜群!オフトレ(中)
http://dmksnowboard.com/special/3045

効果抜群!オフトレ(下)
http://dmksnowboard.com/special/3092

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket