新たなるブッ飛び娘の伝説か!? /森 有子

LINEで送る
Pocket

スーパーパイプ・キャンプを取材しに行った時、一際目立って飛んでいる日本人の女性ライダーを見掛けた。ブッ飛びというと、橋本通代ばかりに思い浮かぶが、彼女はサロモンのボードを乗っているので、もちろん別人物。話してみるとひじょうにノホホンとした感じで、こんな彼女があんなに飛べるのか?という印象を受けた。今回 は、新ブッ飛び伝説を作ってくれそうな森有子。

 

フサキ(以下F):スノーボードを始めたきっかけは?
有子(以下Y):お姉ちゃんの彼氏が、スノーボードをしているのを見て、それ に刺激されて。社会人になってから車を買って自分で行ける力をつけて行き始めたんだけど、会社に勤めていて土日も忙しくて会社休めなくて。月に一 回ぐらいしか行けなくなってしまって、それで結局会社を辞めて、高井富士にホテルで働きながら籠もったのがはじめなんですよ。

F:最初に影響を受けた有名なライダーって誰?
Y:ライダー・・・・。今もその時も変わらないんだけど、あたしあんまりビデオ とか雑誌見なくて、テリエとか有名な人とかしか知らなくて。デッカく何でもスムーズにやっているのとか見ていいなと。

F:滑ってる時ってどんなことを考えてるの?
Y:滑ってる時、一番大事にしているのは、「板はこうやると、こうしなる」とか、テイルをつかったりとか、板を踏むこととか、ただスピードだけとかじゃなくって、スピードとかは一番最後につけるところで、板の扱い方とか結構、今まで気にしてきてて。あとパイプ滑ってる上手な人の滑りをジーっと見て、自分なりに「こうなのかな?」「ああなのかな?」と研究して。

F:具体例みたいなものある?
Y:しならせるほど雪面に接して、どんどんスピードがでていくみたいな・・・。なんて説明したらいいんだろ? パイプとかでいうと板が今、何処を滑っているかとか、リップ付近を抜けるときの板の感覚とかをよく気にしたりしてるかな。

F:その感覚とかはやっぱり自分に身に付いてるもので言葉では表現しにくいもの?
Y:うーん。そうですねぇ。

F:フリーランとかで考えてることは? スピードを出してチョッカるとか、真ん中に乗れるように考えてるとか。
Y:それも考えてますね。今まではカービングばっかり練習して、しならせるのを勉強してて、どんどん加速していく滑りとか、そういうのをやってきて。でもやっぱりパイプとかチョッカたりとかして、スーパーパイプとか来て、チョッカってボトムでしっかりカービングするとか必要だなって思ったから、これからはもっとスピードを出しながらカービングして、今までよりもっとチョッカりとかに耐えられるようにな りたいなぁ。

F:今期の目標は?
Y:これからずっとそうだと思うんだけど、スノーボード全体の技術アップっていう目標で、なんでもそうなんだけど大きくスムーズに技とかも大きくスムーズにできるようになりたい。

F:最後に夢は教えてください。
Y:海の近くに住んで、毎日海を見て生活する。

インタビュー後記:
今回は初めてのインタビューということで、ジャブ程度(?)の簡単なものになった。だけど、今後の彼女に注目して、次回のインタビューではもっとディープに探りたいと思っている。いつかどこかでまた大きなエアーをしている森有子に会うのが楽しみだ。

 

LINEで送る
Pocket