心機一転Flowへ移籍/石川敦士

LINEで送る
Pocket

ベテランという領域に入りながらも、なおかつスノーボード界の熱視線を浴び続ける石川敦士。長年若手の台頭にも負けず、存在価値を示し続けて来た姿勢は、まさにリスペクト! 今年2月に開催された日本を代表するスロープ大会『The Slope』でも、世界の強豪相手がいる中、見事に優勝した。
そんな敦士が最近、NITROからFLOWへの移籍して驚かされた。心機一転の胸中に迫った。

Interview by Fusaki Iida

NITROからFLOWへの移籍、驚きました。今回、スポンサーを変更した理由は?

移籍を決めた理由は何点かあります。
ギアーの良さ。契約条件。そして一番の理由は、ブランドとしての伸びシロ。
FLOWブランドは世界ではメッチャ、ビッグなブランドでライダーも超一流!
特にバインディングが他と違うシステムで作っていることに魅力を感じました。

それらを考えたら、これから伸びるブランドだなあ~、と。
その持っているベースにオレが加わって、起爆材になれれば、と思って移籍を決めたのです。

普通、30代になると体力の衰えや若手の台頭に勝てなくて引退するライダーが多いです。だけど、敦士くんは常に上昇していますね。だから、とてもリスペクトするのですが、技術を高めるために、日々行っていることや、心がけていることありますか?

ベテラン健在!スロープで優勝し、ますます上昇している姿を見せた石川敦士。

あっ、ありがとうございます。
もうそんな年齢だからケガとの戦いですけどね(笑)

まぁ、オレの場合ははじめたのが10代後半からだったので、競技年齢は若い方だと思っています。
年を増すごとに精神は落ち着いていき、肉体と精神のバランスがよくなっている気がします。

確かに年齢とともに、筋肉量は減っていくし、付きずらくなってきていますが・・・。

だから、トレーニングはかかさないようにしています。

動かない日は多少だけど食事にも気を使っています。

最近取り組んでいるのは、体幹のトレーニングですね。
腹筋ではなくインナーマッスルも含めた体の中心の腹筋です。

それを意識すると体の重心がズレずにライディングできるんですよ!
興味のある方は試してください!

へえ、それは興味深いです。体幹のトレーニングのこと、もうちょっとくわしく聞きたいのですが。どのようにしてインナーマッスルを鍛えるのですか?

ん~、自分でも理解しているようで理解してないっす(笑)。

トレーナーさんについてもらって、しっかりトレーニングしてます!

今やってることは、呼吸法とか、腹を利かせて動作するとか、なんか複雑なことをやってます。

でも、その結果がしっかり出てきているから
やりがいがありますよ!

ところで、そもそも敦士くんが、スノーボードに興味を持ち、始めたきっかけは?

もともとはサッカー少年だったのですよ。
高校三年生のときに怪我をしてしまい、サッカー選手の夢をあきらめました。
だけど、やっぱり体を動かすのが好きで自分にあったもの、サッカーに変わるものをいろいろ探しました。
そうしないと、気持ちがダメになりそうで・・・。

それまでサッカー一色の生活で、サッカー以外に考えることがなかったから。
だから急に目標を失って、宙ぶらりんになった感じだったんだと思います。
不安だったのかな・・・。

だから、サッカーに変わるものを必死で探しました。

その中でスノーボードがものすごく上達が早くもの凄くおもしろくなってきたのです。

そこで、「オレはこれで食っていこう!」って決めて、一人でニュージーランドに行って練習し、山に篭もって練習し、
そこからいろいろな人に出会って、いっぱい影響を受けて、今に至るのです!

どの出会いも今の自分に欠かせないものですが、やっぱりSCLOVER島田聡、田中しんじ、杉元明との出会いが一番影響を受けましたね!

現在はSCLOVERを代表するライダーで、毎年、同ビデオからカッコ良いライディングシーンを見せてもらっていますが、今年の作品『BLACK』ではどんな映像を見せてくれるのですか?

今年は例年になく、みんながしっかり話しあって、BLACKクルーが一つになって動けた年ですね。
モチベーションがメッチャ高かった!
だから、もの凄くいいモノができ上がると思いますよ!

 

これからのSCLOVERは、どのように進むと思われますか?

そうですね、SCLOVERの若い力が相当イケてるので、彼らがドンドン表舞台に立っていくのだと思います。

今年はSCLOVERとして動かせてないもの、アパレル、キャンプ、イベント、パーク、大会などを動かして行き、ライダー発案ライダー主導でSCLOVERを展開していきたいですね。

ところで敦士くんのライディング映像や写真を見ていると、とてもスタイルがあると思うのですが、敦士くんはスタイルについて、どう考えていますか? また、スタイルを磨くために何か研究とかしますか?

そうっすね、スタイルは大事です。
だけど、スタイルは人それぞれなので、何がカッコいいとかそういうものじゃないのかなぁ~、と最近思っています。
みんながカッコいい!そんな感じです。

でも、SCLOVERスタイルというものは確実にあって、オレたちはそれがカッコいいと思ってやっています。
だから今、SCLOVERは5人なんだと思う。
そのスタイルの意識が共通しているから、チームなんだと思います。
俺たちはそのスタイルに自信をもっていますからね!

で、そのスタイルの研究は、好きなスタイルを持った海外ライダーのDVDを観て一生懸命研究してます。
鏡を見てイメトレしたりしてね(笑)。結構必死かも・・・。

だけど、とっさに出る自分のスタイルも大好きです。
だってそれが自分なんだからね!

だから、そういう自分と理想の自分をしっかり重なり合わせて、自分スタイルを追求してみてください。
それもスノーボードの楽しみの一つだから!

最後にウエブ読者のみなさんにメッセージをお願いします。

元祖SCLOVER島田聡の言葉ですが、スノーボードは楽しむものだ!
SCLOVERはそんなチームです。
だから、みんなもスノーボードをもっと楽しみましょう!
オレはFLOWに移籍して、さらにやる気をだして楽しみます♪

石川敦士 DATA
生年月日:1977年10月14日
スノーボード歴:12年
スポンサー:FLOW、QUIKSILVER、SPY、DEELUXE、eb’s、Audio Technica、雪番長、SCORPION、DVS、RAVEN、SCLOVER

スタンス幅:60cm
スタンス角度:前15度後ろー15度

08-09使用ギア・モデル名
BOARD: FLOW Quantum 156、Quantum 152
バインディング: FLOW nxt at M9

 

LINEで送る
Pocket