ユタの注目ニューカマー/ニック・ラッセル

LINEで送る
Pocket

COC(Camp Of Champions)に突如現れて、毎日攻撃的なライディングをし続けたニューカマー。撮影が大好きで、様々なポイントを見つけては「あそこであれを撮影しようよ」ということを再三オファーして来る。ヒップでぶっ飛んでみせたり、パイプでは、エアー・トゥ・フェイキー、斜度変化のところでテール・ブロック、キッカーの裏側でジャンプできるポイントを見つけて飛んでみせたり。変化に飛んだ様々な姿を見せてくれた。今回は、COCパークでそんな新人賞的な活躍をしてくれたニック・ラッセル(20歳)のインタビューをお届けしよう。


Interview & Photo by Fusaki Iida 

出身はどこ?

ユタ州パークシティのブライントン。

普段は誰と滑っているの?

友達と滑っているよ。有名なところでは、ルイ・ビトー、ダニー・デービス、ジャック・ミトラーニ、ジェイミー・トンプソンなど。

どんなスノーボーディングをすることが好き?

何でもやるよ。喰わず嫌いはしないさ(笑)。
パウダーとかナチュラルなことも好きだし、パークも好き、パイプだって好きさ。

同じバックサイド側のヒップで違う日に撮影した写真。ニックのぶっ飛んだ感じとスタイルがよくわかる。


スノーボードを始めた頃は、どんなライダーに憧れていたの?

テリエ・ハーコンセン、ロス・パワーズだね。

ニックを見ていると、いつも滑りたくてしょうがない。というモチベーションの固まりを感じるのだけど、何かやる気を起こす工夫とかしている?

いつもバインに装着したとたんに闘志満々になっちゃうんだよね。
音楽をかけてノリノリにしているのもモチベーションを上げている要因かな。
常に楽しむように心がけているよ。


上達するためのコツは何だろう?

ともかく、いろいろ滑ることだろう。あとカービング・ターンをしっかりと磨くことが大切だよ。


えっ、カービング? 外国人ライダーからそんな真面目な回答を聞いたのは始めてだよ(笑)。とても嬉しい発言だけど。

カービングはスノーボード・スキルの基本だよ。カービングできなければ、パイプだってうまく滑れないし、山全体を楽しむことができないだろ。

ごもっとも。
このCOCでお気に入りのアイテムは?

ジャンプがジブまですべて楽しんだよ。
ヒップでは、大きく飛べて気持ち良かったし、巨大な連続ジャンプも良かった。
あとは、キッカーの裏側でジャンプできるポイントを見つけて楽しんだし。


今回は、いろいろライダー友達も増えたのでは?

本当だね。
様々なライダーの滑りを見れて、とても良い刺激を受けた。フサキに追い撮りしてもらったダスティン・クレイバンとのセッションもおもしろかったね。彼は本当にボード・コントロールがうまかった。


ところで趣味は?

バギータイプの自転車でクルージングすること。
あとはフィッシング。


今季の目標、これからの夢など教えて。

いつまでもずっと良い雪で滑り続けることができたら、幸せだよ。
別に大きなフィルム・プロダクションズと撮影しようとは考えないし、ともかくずっと楽しく滑れれば最高だ。


Sponsors:  Atmosphere outerwear and streetwear, my friends, Landing headwear, Utility boardshop, and Avalon 7
スタンス角度:  前+18、後-12  
スタンス幅: 55cm

LINEで送る
Pocket