スノーボード歴2年でリル冒頭パートを獲得!/野村 礼華

LINEで送る
Pocket

「私プロスノーボーダーになるから大学を辞める」
ある日、一人の女子大生は、突如スノーボードに生きがいを求め、単身ニュージーランドに行った。
何もできないのに無鉄砲さだけでキッカーに入ったりレールに干された日々。
しかし、その根性が彼女を躍進させて、遂にビデオ出演!
今回のグローバル・インタビューは、リルで冒頭パートを飾った期待の星、野村礼華だ。


Photo by KJ
Interview by Fusaki
Specilal Thanks to Noggie

まさかスノーボード歴2年だとは思わなかったです。
そもそもハマった理由は?

思い立ったら即、今しかないと感じたのでそこからどっぷりになりました。
学校に行ってた頃、スノーボードをやって右腕をケガしてしまって、授業になりませんでした。
そんなこともあり、スノーボードを頑張ろう!と。

なんでスノーボード業界で食っていこうと思いましたか?

やりたいこと我慢してまで学校に行くほど重点を置いてなかったし、その時は食っていこうなんてイメージなかったですね(笑)。ただやりたいなあ、って。

ご両親や周りの方などからの反対はなかったですか?

反対はされなかったです。もちろん心配はされましたし今でもしていますが、今までに何かをしたい!と言ったことがあまりなかったので、それなら一生懸命やりなさい、と言ってくれました!

ジブとかメチャメチャ絞って(=シフト)スタイル出していますが、好きなライダーとかお手本にしているライダーとかいるんでしょうか?

好きなライダーさんはいっぱいいます!自分よりうまい人なんてたっくさんいるし。でもスタイル出てる人が好きです。
マイブームは石田たかひろくんとか関兄弟さんとかヤバい!女子ならゆっちかなあ。


それにしても短期間でずいぶん上達したと思うけど、何か上達のコツを教えてもらえませんか?

自分のなりたいスタイルを常にイメージして滑ることですかねぇ。
思い描いているものと自分の滑りのどこが違うとか、もっとこぅ!!とか見つけ出して徹底的に直す事。 ビデオチェック等たくさんやりました。
自分で思ってるのと違いすぎてよくへこみますけどね(笑)。
あとはやっぱり滑り倒すことじゃないかなぁ。楽しくたくさん滑ってました!!山にいたらそれしかやることないですし。


今季、リルの冒頭パートを獲得したけど、リルで撮影するようになったきっかけは?

苗場がホームなので、ユキエちゃんと知り合い、誘われました!!
自分が選ばれるなんて思ってなかったのでビックリしました。

来季には、どんな映像を残したいですか?

今年は少ししか映像がなかったからもっとたくさん残したいし、カッコ良さと楽しさを伝えられるようなものを残したいと思っています。
自分がまだやったことのないことにも挑戦したぃなぁと感じます。
今はオープンが得意なので、F720までは持って行きたいと思っています!

今年のエクストレイルジャムでオープニングジャンプをするそうなんですが、意気込みを。
あと、何を魅せてくれますか?

エクストレイルね~、ぶっちゃけ異次元すぎて緊張もしないです。はっきり言って想像できません。トップライダーですら難しいって言うぢゃないですか!!練習日に見てみないことにはどーにもこーにも!!できる限りはやりたいですけどね。

お酒が相当強そうですが、お酒にまつわる武勇伝を。話せる範囲で(笑)。

お酒は弱いんですょ!ただ好きなだけでイメージはあるっぽいけどすぐ酔っぱらいになります。
武勇伝ですか~‥、まぁ一言で言えば言葉では伝えられないです(笑)。


最後に今季の活動予定と、読者へのメッセージをお願いします。

シーズン一発目にしてエクストレイルという大仕事を片付けて‥‥
苗場プリンスをホームにしてまたまた滑り倒します!
いろいろなゲレンデにも行ってみる予定です。大会はJSBAとアジアオープンに出たいですね。リザルトがまだ全然ないので今季は頑張りたいです。
春はカナダに行ってリルの撮影をしたいと思っています。
映像もたくさん残したいので。♪
苗場プリンスでリルのコミュニティブースを開けるので遊びに来てほしいです。キャンプなんかもやるつもりなのでみんなで滑りましょう!!どっかで見かけたら声もかけてくださぃ! そうするとやる気が出るので。特にダレてる時は気を引き締めさせてやってくださぃ(笑)。
とぃぅわけで皆様、スノーボードたっっくさんしてくださぃ!!!
来週来週、と思ってるとシーズンはすぐ終わってしまいますよ~。
ケガには気をつけて!!って自分もか(笑)。

野村礼華
Sponsors: K2, ATMYS, NIKITA, LIL, Mt.Naeba, kanaria i, GLOBAL SESSION

出身地:東京
血液型:AB型

スタンス角度: 前18、後12
スタンス幅: 56cm

野村 礼華の発掘者のKJ氏コメント

運命だったとしか表現はできないだろう・・・
私のホーム苗場は浅貝ゲレンデ、
その日途中から猛吹雪に見舞われた。
私は一時レンタル所に行き避難して暖を取っていた。
そこへ1人の女の子が入ってきた、それが礼華だった。
窓の外を恨めしげに見つめる眼差しは“何かを追った目”をしていた。
「なんだか尖がった雰囲気をした女の子だなぁ」それが第一印象。
当然実際にライディングをする礼華も見た。
私の目にはその礼華は「荒削りだがフィジカル面ではかなりのものを持っているな」とすぐにわかった。
とにかく礼華は来る日も来る日も滑りまくっていた。
朝9時からは必ずプリンスでフリー、午後は浅貝で5時までパーク、
この繰り返しだった。

「・・・・」なんとも表現できない“グッ”っと押し寄せるものを感じたのは確かであった。

この子を手元において育てたい。
もうこの私の気持ちには完全に火が付いていた・・・

人は育ててナンボ。
上手くなった人間を迎え入れるのもイイが、それじゃあまりにも普通じゃないか!
創るんだ!
環境は人を換える、人を創るんだ!
これは完璧にチャレンジだった。

今までこんなに虐めたことはない・・・
周りからは非難にも値する声を何度も聞いた
それはGLOBAL Rider’sからも
「なんで礼華にそこまで厳しくするんですか?」
そんな問いかけもしばしあったのは事実。
そこまでは言いたくないことや酷いこともかなり言った!
突き放し、叩き落した・・・

でも礼華は見事に這い上がってきた。
上田ユキエを始とした苗場ローカルたちを唸らせた!
LIL“アメジストの舞”オープニングパートを捕った。

だがしかしこれで終わりではない。
ユキエでも幸でもない次世代ライダーとして礼華を世界に通用するライダーにしてみせる。

そのためには私の全て、プライド、威信に掛けても礼華を世界に出す!
これからも手綱を緩める気などさらさらない。
鞭と鞭、飴は自分で手に入れろ!

そして私は“愛娘”野村礼華の成長に日々目を細めていたい。

Why did you appear in front of me, Reika?
This is destiny!
During passing each other with many strangers by this
wide earth and going, indeed
there is wordiness only with destiny for
meeting me. This opportunity
is never missed!
And get all ones by the hand!
Because Reika can do….

GLOBAL SESSION
KJ

 

LINEで送る
Pocket