ガールズキャンプのカリスマ・コーチ/矢口 薫

LINEで送る
Pocket

 

Kaoru yaguchi

ヤグカオこと、矢口薫の名を聞いたことがある人は多いだろう。長年、専門誌でのハウツーやガールズ・キャンプのコーチとして活躍を続けている。キャンパーが理解しやすいように工夫された数々のレッスン内容の考案で、カリスマ・コーチと呼ばれる。そして、遂にそのカリスマ・ガールズ・コーチがdmkクラブに登場することになった!今回は、ヤグカオをお招きしたdmkクラブ部長アヤが、そのヤグカオの魅力に迫ったぞ。

 

ヤグカオさん、こんにちは! この度は、dmkキャンプコーチを引き受けてくれてありがとうございます。
すでに「 dmk Women’s Camp with YAGUKAO」に興味アリアリのdmk女性メンバーも多いのだけど、このインタビューでもっと「ヤグカオの魅力」をみんなに伝えたいの。よろしくお願いします!

こちらこそ!どうぞよろしくお願いしま~す!私も初! dmkキャンプとっても楽しみにしてますよ~♪

定番って感じだけど、やっぱり聞きたいこと。
スノーボードとの出会いのきっかけは?はじめた頃ってどんな感じで、スノーボードに対してどう思いましたか?

スノーボードを始めたきっかけかあ・・・、かれこれ 14年前になりますか(笑)
当時付き合っていた彼氏がスケートボードをやっていてショップに行った時。ビデオでパウダーを滑っているシーンが出ていて、ショップの店長が「これ凄いよなぁ~、ヤバよ!かっこ良いよな~」みたいな話しをしていたんだけど、私は内心「いやいや、これぐらいすぐできるでしょ」とか思って、で即中古のボードを3万円で購入。買って帰ったらお母さんに「そんなものどこに置くの?!」って怒られました(笑)
初めて行ったスキー場は札幌の当時、唯一パイプ(?)らしきものがあった個人経営のスキー場でした。ずーっとひたすら横滑りのみ。みんなはパイプ(?)を滑っていた。ちなみにリフトはなし。ロープトゥのみ。
それからちゃんとターンできるまでに3日かかってます。それにウエアは持ってなくて、上下つなぎのスキー・ウエアでした。リフト券を買うのがもったいないから、夜中に近くの公園の山で暗いから自分の車のライトをつけて横滑りの練習したり、普通のOLだったから仕事が終わって夜の7時から11時までナイターを毎日滑りに行ってた。

うわっ、凄い。車のライトを使って滑るなんで、いきなり凄い根性ライダーですね。当時、いっしょに滑っていた人も凄い人?

当時いっしょに滑っていたのはBurtonの植村プロや、滝久美子お姉とか。始めた時からいっしょに滑っていた仲間はほとんどがもうプロだったからろくにフリーランもできないくせにワンメイクしたり、パイプに入ったり、大会に出たり、プロになることがスノーボードをすることだと思ってた。

じゃあ、いきなり大会にも出たのですか?

そう、生まれて初めて出た大会は全日本選手権、北海道大会の「裏」でやっていたビギナー戦。
飛ぶところにしか雪がないパイプ(?)で泥だらけになりながら、4人中4位・・・(泣)
めっちゃ悔しくてそれからはもうー、鬼練習しました。で、次の年の北海道大会優勝でプロ資格をゲット!という感じかな。

ワッ!凄い。そしてヤグカオさんは本州ボーダー憧れの北海道出身スノーボーダーだったのね! そういえば私も確か 12、13年スノーボーダーしてるかも(笑)。ヤグカオさんと私では“雲泥の差”って感じだけど~(汗)14年の歴史って長かった?それともあっという間?一番楽しかったな~というスノーボードの思い出は何ですか?

14年はあっという間かな。そうじゃない?アヤちゃんは、どう??
一番って言うとまたちょっと難しいんだけど~、あえて言うなら初めて行ったニュージーランド NZかな。
5年勤めていた会社を辞めて3ケ月行ったの。その年初めてBurtonがスポンサーについた年でもあった。
フリースタイルの日本人女子初だったんだよ~。がっつりスノーボードってより、友達がた~くさん、た~くさんできた! だから楽しくって、思い出深いのかな。

私もあっという間。スノーボードの季節を待ちわびた生活してたら一年なんてすぐ経っちゃいますね。ちなみに私が今でも忘れられないのはヤグカオさんの故郷北海道ニセコの一番上からパウダーラン!北海道、最高~。しっかりスノーボードにはめられました・・(笑)
反対に、「もうダメかも・・」ってスゴク辛かったことってあった?

いやいや、挫折の毎日ですよ~~(笑)
これもね、不思議なんだけど「もう、ダメかも~」とは思ったことがないのよ。行き詰まったり、やる気がなくなったり、ダルダル~な時はあるんだけど その時は私の「次に何しよう~っ!」っていう合図なんだ。
次の作戦を考えている最中で、煮詰まったり、先に進まなかったり、何をしたいのかわからない時が一番辛いかも・・・。そんな時は、もうー、みんなに超~っ相談しまくりっ!!(笑)

そう~。やっぱりプロでも大切なのは仲間ということがわかった気がします。

ところでヤグカオさんのあのユニークなレッスン方法「えんやとっと」とか「武富士のポーズ」など、どんな時思いつくの?“裏技”に込められた意味ってな~に?企業秘密じゃなかったら教えて(笑)
(「えんや~とっと」で非力な女の子もオーリーが完成しちゃうし、「武富士のポーズ」でノーズプレス(グラトリ)が出来ちゃうよ。「 dmk Women’s Camp with YAGUKAO」でのお楽しみ!)

うふふ~。。数々の変なコーチング用語は直感かな。 みんなに教えている時にその場で、でてくるんだよ~。思いつくの。わかりやすくて、インパクトのある表現っていうか。 それも「素」。
「素」なのよ~・・・、ごめん。アヤちゃん。全然良い言葉が思いつかない。
大丈夫かな、こんなんで・・・、なんか、努力してないみたい(笑)

だ、大丈夫よヤグカオさん。私ね、ヤグカオさんはスノーボードコーチが天職だと思う。「ヤグカオ・レッスン」受け終わったキャンパーさんの充実した顔みればわかる!
ヤグカオさんが、スノーボード・コーチしている時って何を一番大切に思ってしているの?

一番大切に思ってるもの・・・、う~ん、コーチしてる時って、不思議なんだけどコーチングに入り込んじゃうんだよね。周りの人も、状況とかもたまに見えなくなって、何人同時に教えていてもその子と私だけの世界になったりする。一対一なの。スノーボードって個人競技のスポーツだけど、やっぱり私の根本にあるのが友達(仲間)といっしょに滑るから楽しいっていうこと。だからチームの世界も大切にみんなが一歩ずつ上達していけるように考えている。いっしょに滑るチームの雰囲気とかも凄く大事にしてるよ。
一番大切なものは「キャンパーのみんな」かな。うん、間違いなく一番に思ってる!
もしかして、質問の内容と違ってる??
コーチングすることで一番大切に思ってることはないかな・・・、コーチングになるともう、私は「素」なんだよ~。アハハ、すみません。だから天職なのかなぁ~。な~んて。

ははは・・・(汗)。やっぱ天職だわ。頭の中であ~だこ~だ考える前に、ハートで動いちゃうって感じですね。うん、そう見える!
今、スゴイ質問思いついちゃった~。普通はきかないと思うけど・・・。
「コーチが楽しくなる、コーチを熱くするキャンパーとなるコツ!」これをヤグカオ流に伝授して!

ええっ??!!何何???(笑) キャンパーのみんながなることだよね。
いやいや、ちょっとでも上達してもらえれば。それで、世は満足じゃーって感じ(笑)
熱くなるのは、でもやっぱり上達の早いキャンパーかな~。次々と教えたくなる。
あっ、でも少しずつでいいのよ。私、上達を見つけるの得意だと自分で思うもん。だから大丈夫!

やっぱり変な質問でしたね~(笑)。でもやっぱり人と人の繋がりだから受け身の姿勢を知ることもみんなにとって重要だと思ったの。ありがとう!
ヤグカオさんは14年前若さゆえの強さと根性でスノーボードにのめり込み一気にプロになり、私たち憧れBurtonからスポンサード受け、現在は「カリスマコーチ!」でみんなの人気者。お嫁さんもしてるし・・・。毎日があっという間で忙しいと思います。そんなヤグカオさんのこれからの人生計画、または夢はどんなことですか?

これからはねー、もうカリスマ主婦ボーダーコーチになること!笑 子供ができても、もちろん歳をとっても、家族がいても、おばあちゃんになってもとにかくずーっとコーチしていきたい!
夢があるのよ~、それが。
gfキャンプのキャンパーがプロになって、コーチとして戻ってくるっていう夢が一つ叶ったの。だからー、次は、私の教え子(ヤグカオ☆チルドレンと呼ぶ)に私の子供をコーチしてもらうこと!
まずは、生まなくちゃ(汗)

ステキな夢です。でもヤグカオさんが願うことなら叶いそう。
いろいろお話きかせてくれてありがとうございました!他にもスノーボード界のことなども聞きたいけど、それはまたの機会にします。最後にみんなへのメッセージやアドバイスをお願いしたいけど、ヤグカオさんだから遠慮なくタイプ別にお願いしちゃいます。

スノーボードをはじめたばかりの人へ

スノーボードはいくつになっても続けられるスポーツです。無理なく、安全に、そして楽しくチャレンジしましょうね~♪一日で滑れるように、伝授しちゃいますよ~。

自分もスノーボードのプロやコーチを目指したいと思ってる人へ

大好きなスノーボードを仕事にするって本当に素敵なことだと思います。スノーボードでも「イメージ」って大切ですよね。自分の目標に向かって「イメージ」してみてください。きっと、なりたい自分になれるはず!

上達に悩んでいたり、体を痛めたり、他にもいろいろあると思うけど今、スノーボードを続けていくことに不安を感じてる人へ

なんか、どこかで無理してませんか~??スノーボード始めて、すっごく楽しくって楽しくってという時あったはず!ただ、楽しかったと思う。スノーボードはそんなに不安になるスポーツではないですよ。やらなきゃいけないことなんてない、やりたいからやってたと思う。続けることも義務ではないんです。
だから、今は無理ならゆっくり休んで、心から「やりたいっ、滑りたい!』って思ったらまた滑ればいい。それだけですよ~。

30代を超えて、責任重大の仕事を持っていたり、ファミリーを持っていて自由時間が少ないけどスノーボードが大好き!という人へ

自分の気持ちよりも優先しなくてはいけないこと、やりたいことよりもやらなくちゃいけないこと、誰にでもあると思うし、それが大人、社会人なんだと思う。そんな、ちゃんとした人だから、スノーボードが本当に楽しめる。スノーボードが癒してくれる。そしてまた頑張れる。
何においても、一番は「スノーボードが大好き」っていう気持ちが大切なんだと思います。
これから、ずーっとずーっと、いっしょに楽しみましょう~!!

矢口 薫プロフィール
ニックネーム: ヤグカオ
出身地: 北海道
現在のホームゲレンデ: いいづなリゾート
年間400人、過去4000人以上のコーチ経験を持つ大人気の☆フリースタイル女性コーチ!
SPONSORS: Phantom、DELTA、Tengu、BLUEBLOOD、GLOBAL SESSION、RIPRIDE、龍志會

LINEで送る
Pocket