ガンになるものか!手術報告した上田ユキエの気持ち

LINEで送る
Pocket

 

news150831c

先日、ブログを拝見して、手術を受けたと聞いて驚きました。
だけど、DMKのアップの仕方に問題があり読者の方からお叱りを受けました。「癌であるような書き方、センセーショナルなタイトルで煽るのは、良くない」と。
そこで、しっかり事実をお伝えしていきたいと思ったのですが、まずは今回、手術をした経緯を教えてもらえますか?

ご心配おかけしちゃいました。私自身、伝えたいメッセージだったので少し衝撃的な書き方しちゃったので、みなさんに必要以上なご心配をかけてしまったことを申し訳なく思ってます。そしてこんなに反響があると思わなくて・・・。でも、告白したことを良かったとも思っています。

実際ブログを見た方の中に、現在治療中の方も、大切な人を亡くされた方も、また私の友人でも同じ手術を受けていた方もいました。誰かに勇気やキッカケを与えられたらと思っていたのに、むしろ私が勇気をもらいました。

なかなか言えないことでもあるんだと思います。人それぞれいろんな考え方があるので伝えることが正しいとは思いません。
でも私は言おうと思いました。タイミング的に見計らわなくてはなりませんでしたが、きちんと伝えることがこの出来事を意味のあることにする一つの方法だと考えました。
同じ病気に対する検査の大切さだけでなく、自分に起こるハプニングを不幸と思わず乗り越えて行こうよとメッセージを送りたかったんです。

私に起きた怪我も病気も、決して特別なものではありません。スノーボードをしていたってしていなくたって起こりうることです。そしてもっと辛い経験をされている方もたくさんいるんです。
なぜ自分に?と不幸に受け取れば悲しくなる。
でも全てのことに意味があり、また意味のあることにしていければ自分の人生の糧になると思うんです。
それはすべて、自分の受け止め方次第なんだろうと思います。
私自身も、いろんな人の言葉や励ましでそう思うことができるようになったりしています。だから伝えることで誰かの心に響くかもしれないと前向きに考えました。

news150831d

 

なるほど。実際、今回の報告で多くの人に伝わったということ、あったと思います。

考えてみればこうした行動を起こしたことには、私が今まで出会った人からの影響も大きいんだと思います。私のスポンサーでもあるネイルサロン渋谷コラゾンのオーナー女性はご自身が乳がんの手術をしたことで乳がんを予防する活動をされています。ふたりの子供を女手一つで育てていて、どれほど大変だったかと心に響きました。そして今もすごく綺麗で輝いていてかっこいいんです。ああ、かっこいいな、強いなって憧れました。
私の中にはどこかでその方の行動にも影響されていたものがあると思います。そして、死を意識したときに、死を恐れるより生きることの大切さを大事にしようと思えたこと。それは昨シーズンに起きたスノーボードの事故により、私はこの先スノーボードの楽しさをどう伝えていったらいんだろうと悩んだ時にいただいた言葉でした。そうしたいろんな物事が今の私が伝えていることにつながっているんです。

もう少し、手術に至った過程を説明してもらってもいいですか?

私は毎年日本に帰るたびにガン検診を受けていました。言葉の面でも安心感があってそうしてきたのですが、今はアメリカが拠点なのでアメリカで受けてみようと思ったんです。そして発覚した異常。その先は日本とアメリカで治療方法の違いはあると思います。日本だったらまだ手術しなかったのかもしれない。でもそれらもすべて把握した上で、アメリカでの手術を選びました。その手術はさらなる検査も兼ねていたので、手術後も安心はしていませんでしたが、異常発覚からの数ヶ月で心の整理ができていった気がします。だから何があっても受け入れようと覚悟はしていました。

結果、悪い細胞は取り切れたという状況です。でもまた2ヶ月後に再検査して、今後も検査は続きます。

2か月後に再検査ということで、ちょっぴり心配もありますが、悪い細胞は取れたということで安心しました。
でも、全身麻酔の手術を受けたということで、その後のリカバリーに時間が掛かるかな?と思ったのですが、ブログを拝見するとその後もユキエちゃんらしく精力的な活動していますね。身体の方は、大丈夫だったのですか?

昨年の夏、膝の手術をした時は、全身麻酔から目覚めたら足が動かなくなっていたので(苦笑)。
今回はそれに比べると全然ラクでした。といっても日本で同じ手術をした友達は5日間入院したと言っていて、私は半日で帰ってきたのでちょっと怖かったです。

海外って驚くほど、早く病院から出されるんだよね。だいたい子供産む時だって、一泊とかぐらいだし(笑)。

そうなんです(笑)。年齢もあるしあんまり無茶はしないようにしていましたが、大丈夫な範囲ですぐにホットヨガなども再開しました。

そこからの私のやってきたことと言ったら!!(笑)
それはこれからブログに書きます。

それもみんなに伝えたいことです。手術の結果がわからない期間も、精力的に動きました。生きていること、毎日を過ごせることが大切で大切で。何を生き急いでいるのか?っていうくらい(苦笑)
だけど、私にとっては挑戦できる毎日が嬉しくてたまらないんです。だっていろんなことができるんですから。躊躇している暇なんかないです。

news150831f

凄い!相変わらず全速力だ(笑)。
現在、ユキエちゃんはアメリカに住み、ママ・プロライダーとして活躍していますが、具体的にはどんな活動をしているのですか?

メインスポンサーK2のアメリカでの活動にも参加しています。
日常的には子供がプリスクールに通い始め、自分の膝の怪我も落ち着いてきたのでまた新たなビジネスをスタートしました。
CALI LIFE CAMPは、日本のスケーターやスノーボーダーの子供たちを中心に、アメリカを経験して視野と可能性を広げていってもらえるようにと企画運営しています。
カリフォルニアに住んでいるからこそ見せられること。日本とつなげられることを形にしていきたいと思っています。
また日本ではリルキッズママというプロジェクトで、母になった女性たちが子供と一緒にまた雪山へ戻ってきてもらえるように、私たちのやっていることをシェアしています。
アメリカでは日本人向けのメディアでリポーターを務めたり、最近は資格を取って新しい世界で挑戦中です!それはまた後々ブログで(笑)。

CALI LIFE CAMP LADY’S  http://snowbum.jp/tour/calilife_ladys.html
リルキッズ&ママ http://www.lilroom.com

 

日本で初めてのガールズクルー、LILの立ち上げ。田中幸、水田真衣子をいち早く世に出したのもユキエちゃん。かつては、ボード・ブランドVERSE VIVIAも発足させて、まさに辣腕プロデューサーぶりですが、今後の上田ユキエはどんな活動をしていくのですか?

やり手だと言ってもらえるのは大変嬉しいのですが(笑)。
私は100個の挑戦をして、ひとつでも叶えばラッキーと思ってやっています。実際ボツった企画も形にならなかったことも失敗も数え切れません。諦めずにやっていたらいつか身を結ぶものもあります。
成功したことを見てもらえることがほとんどなのですが、むしろその裏の失敗談などを知ってもらえたらある意味もっと凄いと思ってもらえるかも?(笑)
私は、成功なんかよりもその陰にあった経験の方がずっとずっと自分にとって大切なものになっているなと思っています。だから失敗には大きな意味があるんです。そういうことを伝えていけるような人間になりたいなと思っています。
私が自分で歩いてきた道をこれからの若い子たちにつなげられるような活動が出来たら、本当に嬉しいですね。
そして同世代や女性たちにも、もっとやろうよって励まして刺激できるような自分でいたいです。

心配で始まったこのインタビューですが、逆にパワーをいただいちゃいました(笑)。
久しぶりにユキエちゃんのインタビューができて良かった。今日は、ありがとう!

こちらこそ!!
みなさん、広いアメリカにも遊びに来てください!
素晴らしい景色を見たり新しい経験をして、生きている間にいっぱい感動しましょう♪

news150831e
上田ユキエ オフィシャル・ブログ
http://ameblo.jp/yukie-ueda/

 

LINEで送る
Pocket