カナダで2シーズン修行!/清水 美那

LINEで送る
Pocket

news150517c

憧れの海外生活、憧れのカナダ。
彼女は、自身のスノーボード・スキルアップに加えて、以前からの夢を成し遂げるためにカナダに向かった。
日本に置くメーカーとのスポンサー契約のため、日本とカナダの往復生活にもなり、また時にはホームシックになることもあった。しかし、2シーズン、カナダのウィスラーで生活することで、スノーボーダーとして、また人間的にも大きな成長を遂げたようだ。

そんな大きな経験をした清水美那の「声」をお届けしよう。

カナダ・ウィスラーで2シーズンも修行。もちろんプロ・スノーボーダーだから、世界のどこでも活動できると思います。
だけど、日本からのメーカー・サポートなど、なかなか理解を得られないと、そこまで長く出れないものだけど、そこまでカナダにこだわった理由は?

小学生の頃からの夢です!!
一度は諦めてスノーボードにのめり込みましたがスノーボードをやっていく上で、またさらに海外で自分を表現できる場を作りたい!という思いが強くなりました。1年間で何度も帰国しての2シーズンは移動の大変さもありましたが、これまでとは全く違った環境に自分を置くとこで、いろんな発見がありました。

誰にも頼れない中でホームシックになる事も多々ありましたが、日本にいる時はたくさんの方にお世話になってすごくいい環境の中で活動できていた事に気づきました。そして自分で考え行動できた事がすごく良かったと思います。

世界のレベルのスノーボーダーが普通に滑ってるウィスラーブラッコムの山を毎日滑る事が出来たのも最高の環境でした。
応援してくれるスポンサーの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

カナダで過ごし、行く前と今、帰る時。プロ・スノーボーダーとしての成長として、どんなことが挙げられますか?

海外の子達のすごくポジティブな考え方を目の当たりにして、メンタル的な部分ですごく変化があったように思います。
思ったことが全て言えない環境はすごく大変だったし、大会でルールの理解に苦しんだり色々ありましたが、人見知りが克服され、なんでも聞けるようになりました。

2年間、雪が少ない年になってしまいましたが、日本にはない大きなフィールドで滑ることでフリーライディングに対する魅力が益々大きくなりました。スノーボードの根の部分ですね。

news150517d
(たくさんの友達もできて、充実したカナダ・ライフを送ったようだ。)

というと、これからはフリーライディングでの写真や映像に力を入れていくということですか?

そうですね。今シーズン雪崩講習等も受け、その予定だったのですが過去に例のない程の雪が降らない日が続いてしまった為断念せざるをえませんでしたが、今後はその予定です。必ずウィスラーのパウダースノーもリベンジしに来たいと思います。
あと、今後は楽しさ伝えるという観点から今まで続けているパーク、フリーライディングキャンプに加えて、さらに雪の魅力を感じれるバックカントリーをたくさんの人に体験してもらうキャンプを開いていく予定です。雪の魅力を伝えていきたいです!!

身近で清水美那を感じるキャンプ・イベント、素晴らしいですね!
このキャンプは、独自でやっていくものですか?それかチームのような仲間ライダーと共にやっていくのですか?

そのへんはちょっとナイショなので、ぜひ楽しみにしてほしいです!

それは、楽しみ!
ところで、これからバックカントリーをやってみたいという方にアドバイスいただけますか?

私のバックカントリーの好きなところはもちろん誰も滑っていないふかふかの新雪を滑ることですが、登っているときにも景色を楽しんだりしています。日本はすごく雪が多くて、いいパウダーが味わえる素晴らしい場所なので、まずはたくさんスキー場内でパウダーを滑って準備するのが大切です。自然の中に入る事は危険が伴う事もありますが、しっかり知識と装備を持てば何倍もの魅力を感じられます。想像を超える大きな山の頂に自分の足でたどりつけば、大きな達成感も思い切り味わえますよ!

news150517f
(今後は、雪の魅力を大いに感じれるバックカントリーの魅力を伝えていきたいという美那ちゃん。彼女のツアーは楽しみだね!)

ところで、美那ちゃんがライダーになるきっかけって何だったの?まさかスノーボード始めてからすぐにプロになりたい、とか考えなかったよね(笑)。

私がライダーになるきっかけはとにかくスノーボードが好きで好きで仕方なかったからです。好きだから練習いっぱいして、大会に出れるようになって、そのころ思い切って海外に行ったことも大きく影響していると思います!

海外では、どんな経験を?

初めて行った海外は、ニュージーランドのカードローナスキー場です。
その頃、私は1つのスキー場でずっと黙々と一人で滑っていて、あまり友達がいませんでした。海外も一人で行ったんですが、黙々と滑っていたらたくさんのライダーさんと友達になって一緒に滑るようになりました。その時のライダーさんや海外のライダー達のプッシュする滑りや楽しんで滑っているのを見て、もっとうまくなりたい!と思ったのがきっかけです。

スノーボードを通した出会い。その経験が大きかったんですね。
実際、ライダーを目指してみて、大変だったことは?

ライダーを目指して大変だったことはあまりありませんが、しいて言えばスキルアップにこだわりすぎて無理をして怪我をたくさんしたところでしょうか。特にライダーになった頃に怪我が多かったです。自分なりに楽しく滑ることで結果はついてきたのに、なぜか焦っていました。今思えば不思議です。
私はスノーボードでライダーになったことで本当にたくさんの方々に出会えました。一緒にものを作り上げていくのが凄く好きなので私にぴったりだと思います!!

news150517g
(昨年2月には韓国の大会にも行って多忙な日々。今後も大会にも出るようだが、バックカントリーのキャンプを含めて、よりユーザーとの距離を縮めた活動が主になりそうだ。)

最後に今後の目標、そして最後に読者へメッセージいただけますか?

今後の目標は今まで海外で学んだ事を生かしてスキルをもっともっと磨くのはもちろん、スノーボードの魅力を伝えながらいい写真を残していきたいです。
来シーズンは日本でたくさんイベントやキャンプ等で活動していきますので、是非チェックしてください!一緒に思い切りスノーボードをやりましょう!!
一緒に滑るのを楽しみしています!

 

news150517i

清水美那 Mina Shimizu
神奈川県出身
血液型:O型
星座:乙女座
スポンサー:DEATH LABEL, OAKLEY, SOURCREAM, FLUX, MEGAPHONE, ARK, FIX FIT, SIEGE Audio, SEV, KRYPTON, Fanta, GiRL, かぐらスキー場,奥只見丸山スキー場, 西武園ウォータージャンプS-air, GLOBAL SESSON, かんなの湯

好きな食べ物:カニ
好きなスポーツ:ゴルフ
好きな言葉:ありがとう
好きな花:ひまわり

 

LINEで送る
Pocket