高石周の教えてコーチ!「バックサイド720でうまくアプローチ続編」

LINEで送る
Pocket

 

世界の舞台でコーチとして活躍する高石周さんが、スノーボードの上達に関する悩みから、環境の提案など、様々な角度からスノーボーダーの相談に乗ります。
今回は、先日、バックサイド720でうまくトゥサイドでアプローチするにはどうしたら良いか、さらにその後の追加質問への回答です。

まず過去の回答内容は以もチェックを!
http://6218.teacup.com/snbw/bbs/157

news150411d

news131002f

質問者: ゆうさく

 

丁寧に説明ありがとうございます!
出張で全然滑り行けなかったんですが、今日久々に練習しに行ってきました。

今日は腰を回すことを意識してやりました。720回るんですが、腰を回すと足も一緒に回ってしまい、リップを抜ける瞬間には50~60度ぐらい板が回ってしまいます。できれば抜けの時は板が真っ直ぐなのがいいので、上半身を使って回したほうがいいんでしょうか?

 

news131002g

夏も練習できるなんて良いですね~。
さて、腰を意識すると早抜けになることが気になるということですね。


腕を使うことは悪いことではありません。
今回は足場が作れないことの対処法のひとつとして、腕を使わずに腰で回転力を作るイメージをお伝えしました。
しかし腕を使っても、腰が一緒に前に向かなければ足場は作れると思うので試してみてはいかがでしょうか?
腕を使ったらやはり足場が作れなかったという場合、腰から回す意識に戻して、しかしナックルが見えるまで動かないように抜けてください。
要するに腰を意識したら板が早く回ってしまうというのは、結局早抜けなだけですからね。
腕を使うことで下半身に伝わる回転運動に時間差が出ているということです。
より下半身に近いところ(腰、ひざ)を使うほど、反応が板に伝わるのは早いことになりますし、下半身に遠いところ(腕、肩)を使うほど、反応が板に伝わるのは遅くなるわけですよね。
ここを理解していれば腕でも腰でも、どっちを使っても抜けのタイミングは合わせることができるようになりますよ。

 

下記URLから投稿を確認できます。
http://6218.teacup.com/snbw/bbs
夏はあっという間に通り過ぎ、そして冬はあっという間にやってきます!
そろそろカナダでスノーボード上達するプランを立てたほうが良いですよ~!
Snowboard Wizではすでに来季に向けたご相談を随時受け付けております!
少しでも海外でのスノーボードをお考えでしたら、まずはお気軽にご質問くださいね!

お問い合わせはSnowboard Wizのフェイスブックページ、もしくは掲示板「教えてコーチ!」から!
https://m.facebook.com/snbw.net
http://6218.teacup.com/snbw/bbs

 

LINEで送る
Pocket