練習一番

LINEで送る
Pocket

そう言えばつい最近、「回数何度もやるより集中力が大切だ!」なんて話した気がする。だけど、最近、1歳4ヶ月になる自分の息子、大河を見て思うのは「練習一番!」ということ。練習あっての集中力がある、というか。

というのもここのところウチのやつが週5日も仕事頑張っているもんだから、ほとんど僕が子供の面倒を見なくちゃいけない。それで、やることと行ったらもっぱら近くの川に行って、石ころ投げばかり。家にいると散らかるし、健康にも良くない。その点、川べりには自由に遊べる環境が揃っている。最初のうちは川の怖さ、水の冷たさが理解できずに頭を突っ込んでもがいていて危なかったけど、最近は「この川に入るものではない」と理解して、石ころを投げて遊ぶようになったのである。

それこそ飽きずにずっと投げ続ける。ついでに連れて来た愛犬チャーリーBOYも林の中を探索して楽しそうだ。僕は読書とかあと原稿の構想を練ったり。だけど、最近は僕も大河を真似て投球練習である。狙った狭いポイントに石を投げる。毎日やっているとずいぶん命中率も上がってくる。石にもサイズや形もいろいろだから、それに合わせて投げるテクニックを変えなくちゃいけない。大河の方もまだ1歳児にしては、ずいぶん飛ばせるようになった。そう言えば、先日も同じ年の子供がいる友達に「うわあ、大河ずいぶんうまく石を飛ばすなあ」と誉められたものである。その時、「そうかこいつはこの年のわりにはずいぶん石ころを飛ばすのがうまいのだなあ」と思ったもんである。

練習一番。毎日やることは1歳の子供でもうまくなるのだから。スノーボードも始めた頃は、どんどんうまくなるね。工夫を重ねて練習すればするほどうまくなる。だけど、いつか上達の速度が遅くなる。その時は前にも話したように集中力が必要になってくる。もちろんどんなレベルでも集中力が必要なわけだけど、うまくなるほどより集中力を働かせないとうまくなれないもの。とは言っても、その「集中力」の大切を言った中井くんだって、ほとんど毎日滑っているんだもんなあ。そんなワケで今、これを読んでいる方たちは間違いなく練習一番です! 集中だけが大切だと勘違いしないように。練習あっての「集中力」だから。ちなみに練習をマメにする人は、無茶が減るからケガも防ぎますよ。

 

LINEで送る
Pocket