布施忠の言葉

LINEで送る
Pocket

先日、忠くんと飲む機会があり、いろいろ感化される言葉を聞きました。
酔っ払っていたので、一部正確でないところがあるかもしれないけど(笑)、ご紹介しましょう。

「キッカーを作るのは面倒。ジャンプしたかったらパークに行けばいい!」

「ふざけばかりじゃダメ。厳しい時も必要。」

「山に行くとオレのペース。」

「朝は早い。山へ行って良い画を残せたら気持ちいい。
夜は10時に寝る。6時間ぴったり寝て、朝4時には起きる。」

「コンディションはコロコロ変わるから、切り替えていく。
それに対応するのがプロフェッショナル。」

「同じ人間なんだから、何だってできる。テリエだって人間なんだから、と思う。」

「ビビっていたら撮影できない。
すでに雪崩があった日、あるライダーがビビって、オレは死にたくない、と言っていたけど、
ヘッポコ、この野郎!と思った。オレは大丈夫って自信あった。」

「ケイジとタロウさんがいるから、行けると思う。」
(※ケイジ&タロウさんとは、ハート・フィルムの撮影者たち。)

「トラブルはつきもの。そこで、どう動くか、だと思う。」

「こいるプロフェッショナルだと思ったのは、デバンとJF。
JFからはいろいろなことを学んだ。
デバンは、みんなが能書き垂れている間にさっさと上って、
そこで、何ができるのかどうか確かめていた。」

トップ・プロの言葉には、重みがある。
もし、気に入った言葉があったら、ぜひ自分がいつも見えるところに書いておいてみて。

きっと、良い刺激を受ることができるよ。

 

LINEで送る
Pocket