先行動作は上半身から下半身へ

LINEで送る
Pocket

先行動作というものがある。

知っている人も多いと思うけど、目線、手、肩などの上半身を次のターン方向に向けると、自然に下半身が付いて来てスムーズにターンに入れるというものである。

よく「フロントサイドターンに入るのが苦手なんです。」とか、「急斜面に行くとターンに入れないんです。」ということを聞くけど、そういった次のターンに入れない症状の方には、先行動作はとても有効な手段だ。

しかし、うまくなって来ると、先行動作は、上半身から下半身になっていく。

というのも、スノーボードのライディングのすべては下半身だけで決まっている、と言ってもいいからだ。

もちろんバランスを取ったり、リーディングしたり、上半身を使うのも大事になっていく。
しかし、下半身さえ、しっかりとやることをやっていれば、上半身は乗っかっているだけでいいのだ。
あたかも、下半身という車に、上半身が乗っているだけ、というような状態だ。
あまりにも乗れているライダーの上半身が、とてもクワイエット(静か)だけど、あの境地に近づく、ということだね。

今、このコラムを呼んでいる人は、様々なレベルであるだろう。
上半身の先行動作が有効になる人もいるだろうし、それ以上にヒザや足首の動きをより意識させて、次のターンに向かった方が、よりキレのあるカービングターンができるという人もいるに違いない。

それぞれのレベルで認識して、今、自分の身体のどのパーツが、どのようにターンをリードしていきべきか考えてみよう。

ターンを上達させることは、自然の壁やポコジャンができるヒッツ、さらにはパークのアイテムのヒップやハーフパイプでも役立つからね。

ぜひ、考えてみてね!

 

LINEで送る
Pocket