僕の初滑りの心得

LINEで送る
Pocket

いよいよ、明後日に初滑りが決まったぞ。
待ちに待ったシーズンがやって来た!
今、これを読んでいる方もそろそろ初滑りの時期では?
そこで、今回は、僕の初滑りの心得をご紹介しよう。

まず用具に関しては、なるべく昨年のものを使う。
特にシーズン初めは、ブランクが長いので、自分の調子がどんなものか判断し難い。
いきなり新しい用具を使うと、ライディングの違和感が用具から来るものなのか、久しぶりのスノーボーディングからなのか、わかり辛いものだ。
何がいけないのか明確にわかる意味でも、なるべく昨年まで使っていた用具を使う。

特に新しいブーツを使う場合には、新しいボード以上に違和感を感じるものなので気をつけたい。

あと、シーズン最初は、岩や石などがゴロゴロしていたりする。いきなりおニューのボードを傷つけたくないので、もう使い古しのボードで良い、と思う。

山に付いたら、入念にストレッチング。
まあ、ともかく一本は滑りたいから、一本滑って、それでちょっと身体をホットにしたところで、ストレッチングする。
その後、フラットなところでジブトレ。これは、当サイトでも何度か紹介して来たけど、平らな場所で、プレスしたりオーリーしたり、スピンしたりするもの。

あと初滑りの日は、特別新しいことはしない。
それこそ、山へご挨拶程度くらいに軽く済ませる。

シーズンは長いからね。ケガをしないのが一番なのだ。
久しぶりのスノーボーディングはエキサイティングで、調子に乗ってケガがしやすい。
滑るコースも限られていて、衝突事故が怖い。
特にスノーボーダーの場合には、バックサイドの景色が狭くなりがちなので、充分に気をつけること。

あと、初滑りは、何かしら忘れるものなので、ともかく前日までに必ず滑る格好をしてみるといい。
そうすると、何が足りないとか、わかるから。
あっ、ソックスがない!ビーニーがないぞ!なんて、こともあるので、事前に揃えておきたい。

それと昨年使っていたブーツでもしばらく使っていないと、ちょっと窮屈に感じるものだ。事前に履き慣らしておくことで、ずいぶんと初滑りが快適になったりするよ。

以上、些細なことかな、と思うけど、良かったらご参考に!

 

LINEで送る
Pocket