スノーボード用ソックスの選び方

LINEで送る
Pocket

 

僕は、スノーボードのソックスは、なるべく良いものを使うようにします。
よく「ブーツが調子が良いとスノーボードの調子が良い」と言われますが、ソックスもかなり近い感覚が適用されると思います。

だけど、多くの初心者の方は、あまりソックスに気を使われていないのではないでしょうか?

例えば、二枚重ねで使ったり、3足で1,000円のようなクオリティの低いものを使ったり。

二枚重ねで使うというのは、どうかなあ?と思います。
基本的にスノーボードのブーツは、1枚のソックスで使用するようにできているのではないでしょうか。
二枚重ねのソックスでは、無駄に分厚くなってパフォーマンスが低下するように思います。

「ブーツを履くとちょっと大きいので仕方なくソックス二枚重ね」という意見もありそうですが、そんな人はそもそも「フィットするブーツを履きましょう!と言いたいです。

まあ、それぞれの懐事情などもあり、仕方なく二枚重ねでしばらくの間、対応せざる得ないということも理解できますが。

 

スノーボード用の高いソックスは3,000円以上するものもありますが、そもそも高いものとそのへんの普段用のソックスは何が違うのでしょうか?

まず1つ目。
長さが違います。
スノーボード用は、ヒザの方までしっかりと長いですね。

それなら、同じスポーツ用のサッカーソックスなんて、技も出て来そうです。
実を言うと、僕も試しにトライしてみました。
正直、悪くなかったです。
特に春だったので、寒さ対策もいらなかったし。

だけど、正直、やや薄い感じで、冬場での寒さに対して弱く感じたし、薄過ぎてブーツとのフィット感も今一つでした。
また、コットン素材なので、汗をかいた時に汗を吸って冷えてしまいそう。

そう、スノーボード用のソックスは、発汗作用と発熱効果が高いものが多く、そういったところでも活躍してくれるのです。

さらに言うと、筋力サポートの役割もあります。
ふくらはぎにポンプ作用を高めて、疲れ難いようなものもあったり。
収縮性のあるスパンデックス素材で、土踏まずと足首のサポートするものもあります。

実際、そのような効果なソックスが、どれほどまでに効果を発揮するのかは僕自身、よくわかりません。だけど、やはり値段が高いソックスは、フィット感も良く、暖かくて快適で、やる気をみなぎらせてくれます。

ゲレンデに行く前に、快適なソックスを履いて、「よし、やろう!」という気分にさせてくれるって、大切な感覚でないでしょうか。
だから、僕にとって、ソックスというのは、侮れないアイテムで、あまりケチったりしないようにしています。

次に五本指ソックスですが、実際、使用したことがないので、正直わかりません。
だけど、知人の日本人ライダーに聞くと、これは調子良い!と言います。

ちなみに海外では、そもそも5本指ソックスがないので、そのようなソックスを見ると、「おもしろい!」って爆笑してくれます。
これから海外に行く方は、あえて受け狙いで持っていてもいいかも!?

だけど、五本指ソックスは力が入っていいという意見がある一方で、ブーツに指が当たって痛いということもあるようです。

以上、参考までに。
ソックスは、あまりケチらない方がいいんじゃない!という話でした。

左、メリノウールを使って暖かく機能面でも調子良さげなバートン。
中、足回り商品にはこだわりを持つ、ディーラックスのソックスは、テーピング構造でライディング・パソーマンスをアップ!
右、ヨネックスは履くだけでプラス3度の保温性。これは2,000円台のモデルだけど、さらに上級モデルもあり。

 

 

 

LINEで送る
Pocket