スノボはじめよう!美那が教える初心者講座 Part2 スケーティング

LINEで送る
Pocket

news150320i

プロ・スノーボーダーの清水美那が教える初心者講座。今回は、スケーティング。

スノーボードでいうスケーティングとは、前足だけバインディングを付けて、後ろ足は外している状態。そこから、平らなところを動き回ることを言います。
まるでスケートボーダーのようにスイスイできるように、トライしましょう!

news150320j

①リラックスして立ちましょう。しっかりと進む方向を見ること。決して、足元など目線が下がらないように。目線の先行はバランスを保つ鍵です。

②やや前足に体重をかけるようにしながら、後ろ足で蹴りましょう。

③後ろの足をバインディングとバインディングに乗せます。
後ろの手をテールの方に置くようにすると、自然なスタンスを保てます。
逆に後ろの手が前に出ちゃうと、上半身と下半身が捻じれて、ボードがうまく真っ直ぐに進めなくなります。気を付けてね!

 

蹴る足はバインの後ろがオススメ!

スケーティングをする時、蹴る方の足はバインディングの前に蹴る方法(以下、写真左側)と、バインディングの後ろで蹴る方法(以下、写真右側)の2種類があります。

news150320k

慣れてくれば、どちらでもスムースに真っ直ぐ板が進むように蹴れるのだけど、左側のバインの前で蹴る方法は、上半身と下半身が捻じれた格好になるので、うまく真っ直ぐに蹴れないという方が多いようです。
だから、右側のバインの後ろ側の蹴る方法がオススメだよ!うまいライダーさんは、だいたいこのスタイル。

 

よくありがちなNG

スケーティングでよくありがちな、やってはいけないことをご紹介しますね。
うまくいかない方は、このNGをやっていないか、チェックしましょう。

news150320l
(下を向いてしまう。進行方向を向かないとバランスが保てないよ。)

news150320m
(蹴る方の足が前足から離れて、スケーティングをしてしまう。一見すると良さそうだけど、これだとうまく板を走らせることがないよ。蹴る方の足は、前足に近づけて蹴ることで、スムースに板を走らせることができます。)

 

イメトレ用の見本動画

 

Profile
news150319i

清水 美那 (しみず・みな)

大阪府出身
現在はカナダ、ウィスラーを拠点に撮影、大会(スロープスタイル)で活動。また、スノーボードキャンプを開催しながら、滑る楽しさを広めている。モットーは「いつも笑顔でスノーボードを!」外国の文化にも興味があり英語も勉強中。

スポンサー:DEATH LABEL, OAKLEY, SOURCREAM, FLUX, MEGAPHONE, ARK, FIX FIT, SIEGE Audio, SEV, KRYPTON, Fanta, GiRL, かぐらスキー場,奥只見丸山スキー場, 西武園ウォータージャンプS-air, GLOBAL SESSON, かんなの湯

 

●関連リンク
スノボはじめよう!美那が教える初心者講座 Part1 転び方
http://dmksnowboard.com/?p=32338

 

 

LINEで送る
Pocket