ギア克服セラピー

LINEで送る
Pocket

世の中には、ギアに関して必要以上に気にする人が多いと思う。
自分がうまく滑れないのは、スタンス設定が悪いから、ボードが合っていないから、エッジが立っていないから、などなど。

先日もあるライダーの方から相談を受けた。
「長年同じブランドを使っているので、他を試したい。他のボードに乗れば、うまく滑れるのでは?」

オレはこう答えた。
「確かにそういう面も否定できない。だけど、それ以上に実力をアップさせなくてはいけないだろう。」

実際そのライダーの方の滑りを拝見したら、4つほど直すべき点が見つかった。
そして、この4つの部分を直すための練習方法を教えた。
きっとその人はそれでうまくなる。ギア面よりももっと上達するための根本的なことに気づいたと思う。

このようにギアに関する不信感を持つ人に、特効薬を煎じよう。
それは、うまい人に自分のボードを乗ってもらう、ということだ。これは1つのギア克服セラピーである。きっと、多くの人が目からウロコになるに違いない。
「わあ、私のボードでもあんなに高くオーリーできるんだ。ワーオ、オレのボードってあんなに早く加速させることができるんだ」など。

きっと自分のボードや、スタンス設定に誇りを持てるのではないだろうか。だから、今、これを読んでいる人に、ぜひ一度試してほしい。

ところでオレのボードって最近ワックス塗ってない。きっとワックスレンジャーにチューンしてもらったら、かなり走るボードになるだろう。って、ことは逆の現象のギア克服セラピーになったりして!?
まっ、早い話、両方大切ってことです。
ただ、最近多くの人が、自分が上達できない理由を、ギアのこととかスタンス設定に持って行きがちになっていることに気づいたので、その警告を発信するために、そしてその特効薬を紹介しました。

LINEで送る
Pocket