オンとオフ

LINEで送る
Pocket

オンシーズンからオフシーズンの変わり目。
多くのスノーボーダーの方は、「しばらく滑れなくて寂しいなあ。」と考えていると思います。
僕も同じ気持ちです。

やる気が漲っているライダーさんは、「ライバルに差を付けるチャンス!」とばかりに、
インドアに通ったり、海外に出たりする人もいるでしょう。

だけど、僕はオフはオフでしっかりと休むことが大切だと思います。
スノーボードから離れて、スケートやったり、サーフィンしたり、
その他、どんなスポーツでもいいから、身体を動かすといいでしょう。

身体を動かす習慣があれば、
体力を維持し、強化することもできます。
スノーボードだけで付いた偏った筋力も解消できるでしょう。
例えば、マリンスポーツをやれば、サーフィンなどで半身を強化できるし、
水泳では、持久力を付けることもできます。

日頃から身体を動かしていれば、
自分が脳でイメージしたことを、アクションにも移しやすいですね。
イメージしたことを、実現する能力は、スノーボーダーにとって不可欠ですが、
そういった能力は、他のスポーツでも高めることができます。

そして何より、オフの効果は、オンとオフをしっかりと分けることで、
スノーボードをするモチベーションを高め続けることができること。

言い換えれば、オンとオフの境が弱い人は、モチベーションが下がったり、集中力が弱まったりする可能性もあると思います。

モチベーションが余り余っているような方は、夏でもガンガンやってみてもいいんです。
室内に通ってもいいだろうし、ニュージーランドに行ってもいい。

だけど、怖いのは、常に滑れる環境がダラダラあることで、そのことによりモチベーションが下がったり、集中力が弱まることなのです。

僕も以前、雪を求めて、行動していた時期がありました。
確かに、最初の2年間ほどは大きな効果があったと感じています。
冬はカナダ、夏はニュージーランドでもまた冬というふうに。

しかし、ニュージーランドも3シーズン目以降になると、
なんかそのレールに乗ってそこから離れられないような感じで、続けて行った感じでした。
続けていれば上達するだろう、と考えていましたが、今、考えると刺激が弱かったと思います。
慣れ親しんだ環境過ぎて、向上心が弱くなっていたのです。

これから夏に入るから、夏らしく、遊べばいい!
きっと、夏を一生懸命満喫したら、冬が恋しくなるでしょう。

男女関係だってある程度、
距離がある方が刺激的でうまくいくことだってありますよね。

それぞれの気持ち的な部分で、考えればいいことです。

熱い人は、夏でもガンガン滑ればいい。
ほのかに恋しい人は、ちょっと休んでオフを満喫して。
そして、もうクールに冷めてしまった人。惰性に流されないで。
ちゃんと休んでね!

 

 

LINEで送る
Pocket