あの音楽よもう一度

LINEで送る
Pocket

不思議なものであれだけおもしろかったと思っていたスノーボードも、それほどおもしろいと感じられない時がやって来るものだ。それはいわゆるスノーボード倦怠期というやつで、結構、そういう人多いんだけど、そんな時、どうすればいいのだろうか?

まず1つの方法としては、休んでしまう。何か義務として行っていたスノーボードを行かないという手もある。自分にとってスノーボードは生活の一部、なかなかそんなことできないという人も、倦怠期を感じたら休んでみるのもいいだろう。本当に好きなら、また虫生にやりたくなるものだし。

あとテンションを上げる方法としては、何か常にチャレンジすること。僕たちがやっているキャンプに参加してもらうのも1つの手だと思う。今のdmkクラブはいろいろなことができるイベントが増えたので、ぜひ利用してほしい、と思う。

そして、もう1つテンションを上げる方法として、今回提案するのは、あの頃の音楽をガンガンにかけるということ。車の中など、人に迷惑をかけないところで聴く。自分が一番スノーボードに熱き情熱をかけていた時代にかけていた音楽を聴くのである。これは、効くし何より燃えるね! もう、滑りたくてうずうずして来てしまう。ついでにほろ苦いあの頃の恋愛まで思い出したりして(笑)。

スノーボードへ行く車中の中で。またはスノーボードをしながらウォークマンで聴いたり(注:まだあまりライディングに自信がない人はダメ。また自信がある人でも注意は怠らずに!)。ガンガン聴いて聴いて心を熱くして、情熱を弾き飛ばして、元気を100倍出しまくる!

まあ、とにかくある種の撹乱作用で、音楽をガツーンと聴くとハートにバイブレーションを感じるものだ。スノーボードとか他のものでもそうだけど、やる気満々というのは最大の上達パワー。だから、「なるほどなあ」と思ったのなら、ぜひやってみてほしい。「本当かな?」と思う人にもぜひ! だけど、あまり憤ってケガはしないように。「憤る」のと「熱くなる」とは違うから、そのへんをうまく調整しないと危ないよ。

 

LINEで送る
Pocket