【ハウツー】早リアクション

LINEで送る
Pocket

不安になると、必要以上にアクションが早くなってしまう人がいます。

例えば、慣れない街での車の運転。迷ったら冷静に看板を見ながら真っ直ぐに走って何かの目印を探せばいればいいものを、やたらに曲がってよけいに自分の居場所がわからなくなったり。

news140731a

人と人とのコミュニケーションも同じ。
リアクションが早過ぎて思ってもみなかったことを言って失言をしてしまったり。
これもリアクションが早過ぎる失敗例でしょう。

スノーボードも同じところがあって、早いリアクションで失敗しているケースが多々あります。
ターンにしてもジャンプにしても。

 
ターン中の早リアクション例

カカト側からつま先側にエッジを切り替える時、切り替えたらうまくターン弧に合わせればいいものをやたらに板を早く回し込んで、せっかくうまくいっていたカービング・ターンをズラしているしまうケースがよく見かけます。

 
ストレート・ジャンプの早リアクション例

キッカーから飛び出す時。できるだけ待ってテールを使って蹴るとうまく高く飛べます。しかし、待てなくてずいぶん手前で蹴ってしまうケースがよくあります。

 
ハーフパイプの早リアクション例

待てばもっと高く飛ぶことができるのに、リップ手前でアクションを開始。結果、高さの出ないエアーになっているケースがよくあります。
以上の例、心当たりがある方もいるのでは?

なんで、早リアクションになってしまうかというと、やはり慣れないことをやる時に不安なのだと思います。だから、早くリアクションしてしまう。
例えば、スピンに慣れていない人は、やたらに回そうと意識し過ぎて、早仕掛けしがちだけど、それは初心者の段階では仕方ないことだと思います。でも、慣れて来たら「待つ」ことが大切。
待って、エアーの高さを出して、よりスムースなスピンをできるように。

だから、コーチング現場では、よく「もっと待ってアクションしよう。」という言葉が飛び交うのです。
まだシーズン・インには長いけど、自分がどんなスノーボードをする時、早リアクションになってしまうのか?
この時期に整理するといいですよ。
そうすれば、シーズンに入ってから、しっかりとテーマを掲げて一日一日を大切にするスノーボーディングができるきっかけになると思います。
ぜひ、考えてみてくださいね!

 

●関連リンク
【ハウツー】今でしょ!夏でもオーリー
http://dmksnowboard.com/?p=17913

 

 

LINEで送る
Pocket