【ハウツー】寒さ退治はタンパク質

LINEで送る
Pocket

 

台風が去ってずいぶんと寒くなりました。
北海道では、雪が降った地域もありましたね。ここから一気に冬に向かうと思うとワクワクします。
と同時に、寒くて嫌だな、と思う人もいるかもしれませんね。風邪は引きたくないよ、と。

そこで、今回は寒がり屋さんのために1つ提案します。タンパク質を取りましょう!

news141015b

いっしょにゲレンデに行くスノーボーダーにいると、やたらに寒がり屋さんの方がいます。もう寒くて滑れたもんじゃない!なんて方も。
せっかく楽しみにしていたスノーボード。寒さで滑れないなんて残念ですよね。ウエア、インナーの着こなしにも原因があるかもしれないし、または古いブーツで足元から寒さを感じる人もいるでしょう。

でも、そもそも身体自体の熱が足りないという方は、いくら厚着したところで寒く感じるものです。
そんな時、考えてほしいのは、しっかりとタンパク質を取っているか、ということ。

なぜ、そんなことを言うのかというと、実際、僕の周りでも寒がり屋さんって多いんですよ。普段、運動を頑張ってやっている人なら、寒がり屋さんなんていないと思いかもしれませんが。
例えば、世界的に活躍する日本人プロ・スノーボーダーの布施忠。結構、寒がり屋さんです。滑る時には、頭から首元まで覆うバラクラバというタイプを使っていますね。そんな忠は、肉は食べません。プロで筋力を使うので、肉を食べないなんて不思議な感じもしますが、結構、プロ・スノーボーダーの中には、肉は鳥ぐらいであとは魚とかしかいただかない、という人、いるんですよ。きっと豆など他の方法でもタンパク質は取っていると思うので、一概に言えないと思うのですが、僕はやはり肉を食べない人の中には寒がり屋さんが多いなあ、と思うのです。

西洋人というのは、東洋人よりも肉が食べれるそうです。確か、東洋人の腸というのは肉を食べるのに消化する時間が掛かるんですね。これは我々、東洋人の祖先が農耕民族であったことに関係しているのだと思います。一方の西洋人は、肉を食べても消化できる早さがある。だから、ガンガン食べれる。だから、西洋人というのは寒さに強い人が多いですよね。海外に行くと、寒い日にTシャツ着ている人がいて、コイツこれで寒くないのか!って驚かされることがありますが、本当、西洋人って寒さに強い人が多いと思うのです。

自分のカミさんは西洋人系のカナダ人なんですが、家族みんな寒さに強いんですよ。子供たちも冬でも寝ている間に布団を蹴っちゃって。みんな体温が温かいんですよね。
やはり肉を食べて来たヒストリーがあるんだろうな、と思ってしまいます。

でも同じ西洋人でもやたらに野菜ばっかり食べて、肉を食べないようなベジタリアンは、寒さに弱かったりしているような。まあ、自分の勝手な思い込みかもしれませんが。

ただ、大事なことは、タンパク質を摂ることにより低体温を改善するということは、多くの専門家が伝えているということです。
だから、僕もなるべく一食に2種類のタンパク質を摂るようにしています。朝は、納豆プラス卵や豆腐の味噌汁だったり。こうして、低体温から脱却すれば、風邪のウイルスもそう簡単に、入り込めないだろう、と思うのです。事実、僕は風邪とか引かない方だし。

肉や魚介類を多く取り入れ、総カロリー数の40%以上をタンパク質で摂れば体温アップの効果があるということです。
タンパク質を摂る食事法は冷え性の人にも効果的だとか。

これから寒くなって来るので、寒いの嫌だなあ、という方はぜひ試してみてくださいね!

 

LINEで送る
Pocket