【フサキ日記】スーパー当たり年

LINEで送る
Pocket

 

今季のウィスラーは、どうしちゃったんだ!というくらいよく雪が降ります。
しかも、その雪質が良くて、ビックリ。

例年だとどっかのタイミングでハワイの方から温かい風が入って来て、ゲレンデが雨で固まったりすることもあったり、下の方は雨で上だと雪になっていたりすることがあるのですが、今季は上から下までびっしりと雪。雪だるまが作り難いほど、ドライな良い雪です。

だけど、今日はしばらくぶりの休みを密かに楽しみにしていました。
家で掃除でもした後は、ネットでWBCの結果とハイライト動画をチェック。その後は、パソコンでDMKサイトのコンテンツ作りなどをしよう、と思っていたのですが。
ライダー荒川優希の誘いが。

 

というわけで、お父さんのお楽しみ休暇は消えて、山へ。

だけど、山に出ると、気分が爽快!山というのは不思議なパワーを持っているものです。
しかも、今日は意外に天気が良くて。しかもパウダーだし。
まあ、ライダーならうずうずして仕方ない天気でしょう。

ちょうどユウキのことが気になっていた時でもありました。
というのも、コイツもよくいがちな草食系かな、と心配していたのです。

最近の若いライダーって、もう1つ品が良いというか、ガツガツしていない。照れ屋とかもあるのだろうけど、もっとガンガンに撮影に行くべきだと思うのです。ライダーって撮影して、露出されて、カッコ良さを出して、自分を応援するスポンサーを売るというところでナンボでしょ。だから、撮影しない限り、活動はしていないに等しくなっちゃう。

きっと「フサキさん忙しいだろうな。誘うの悪いかな」とか気を遣ったりしてくれるのかな、とも思うけど。
でも、若いんだし、これから台頭していかなきゃいけないのだから、遠慮は禁物。ちょっとウザいくらいでも良いのでは?

ということで、僕たちはユウキが前から撮影したかったというクリフを目指して進みました。
で、途中でもいろいろ撮影しましたよ。

結果的には、とても良い撮影になりました。

僕としては満足な写真が撮れて嬉しかったです。きっと今日撮影したクリフの写真は、どこかで露出してもらえるでしょう!

でも、本人はいろいろ悔しさもあったようで。良い経験になったようです。
そう、これぞ撮影効果!
カメラマンを誘って、そこで練習してしまうような撮影はご法度だけど、ちゃんと自分がイメージした作戦があり、それで失敗は仕方ない。チャレンジしたからこそ学べることもある。

ところで、僕も最後にユウキがジャンプした斜面を滑ったのだけど、意外に固くて苦戦したなあ。
ライダーは改めて偉いもんだ、と思いました。(以下は僕が滑っている写真です。)

 

LINEで送る
Pocket