【フサキ日記】いぶし銀のテク!CSBAのEigoコーチ

LINEで送る
Pocket

 

本日、この春7回目となった春取材へ。
早速アップしましたが、CSBAのEigoといっしょに山に行き、レッスンのお邪魔しました。

今日、コーチングしていたのは、広島から来ていた藤川桃華さん(21歳)。一か月ウィスラーに滞在し、プロを目指すために頑張っています。カナダに来て多くのライダーを見て、またいっしょにライダーたちと食事などもして、良い影響を受けたようです。
ぜひ、プロになって来て、またウィスラーに帰って来てほしいですね。そうしたら、DMKで取材させてください。

広島ではムラサキスポーツで働いているということなので、僕がディスリビューションするSandboxヘルメットがいかにカッコいいのか!ということを伝えました。洗脳作業は成功したかな。これから広島のサンドボックス営業部として頑張ってほしいものです(笑)。

また、今日はレッスンの合間だったけど、コーチングの邪魔にならない範囲内で、Eigoコーチの撮影もしました。というのも、DMKの広告主さんでもあるCSBAのバナー広告写真を新しくしよう!というテーマもあったので。その写真は、早速使いましたよ。右上ご覧ください。

短い時間の中、一発目でビシっと決めてくれました!いぶし銀のテクニックだ。

午後は、今日でラストになるという雅ちゃん狙いの撮影(注:今日聞いて急遽決定!!)
これもたちまち今日中アップして、フサキお父さん仕事が「早っ!」

雅ちゃん、トレーニングで忙しかったので、なかなかべったりな撮影はできません。
だから、来そうなところに陣取って撮影することにしました。

雅ちゃんもそうだけど、この時期にトレーニングに来ている女性ライダーは、みんな頑張っている印象。だから、撮影のための画作りということでなく、ありのまま、来たままを撮影し、そこでさらにコメントをもらってレポートをアップするという感じに。
でも、そんな中でもみんな協力してくれてます。Thank you!

こうしたコンテンツが、一人でも多くのスノーボーダーに伝わるといいな!と思います。
そして、オリンピックに行く選手はオリンピックで活躍し、それでスノーボード界が盛り上がるといいですね。きっとみんながそれぞれ与えられた仕事をしっかりとこなせば、この業界はもっともっと良くなるハズ。

LINEで送る
Pocket