DVD離れ化とメディア弱体化

LINEで送る
Pocket

3年前くらいからでしょうか?
世界中で頻繁に動画が上がるようになって。今日もいろいろな動画をアップしました。
dmkニュースは、いつの間にやら、最新動画コンテンツ発信がメインになって来てしまいました。

ここ1年間もずいぶんと優良動画コンテンツをアップしていると思います。
最新のムーブメントが見れるサマーキャンプのシーンもおもしろいけど、一度、DVDで世界にお披露目した後、どんどん動画でリリースして来ているBurtonのチーム・ムービーは見応えたっぷりという感じですね。
最近は、Yonexもチーム・ライダーたちをフューチャーしたビデオを発信し、もはやDVDでスノーボード・ビデオを見るという商売形態はどんどん無くなっている来ているように思います。
超低価格なダウンロード販売もどんどん広がって来ていますね。

Burtonにしても、まだDVDでも販売しているけど、確か2500円でどんどん見てください、というような安価。
もう4千円とかでDVDを売るというのは、そのDVDを見ないでください、と言うのに等しいのかな、とも思ってしまいます。

もちろん作り手の事情としては、こうしたDVDでの売上金が活動の生命線になっているケースもあり、この流れを切れないということもあるでしょう。だけど、マーケットはユーザーが決めていく運命にある以上、このようなDVD離れ化はどんどん進んでいくのだと思います。

この流れに並行して起こっていることが、メディアの弱体化。
これまでプロの活動できる場所が、メディア頼りだったのが、今ではどんどんライダー同士でビデオを制作し、それをユーチューブなり自分のブログなどでアピールする流れも強くなって来ています。

これからのプロ・スノーボーダーは、この2つの流れをしっかりと踏まえた上で、自分の動きを考えていく必要があるでしょう。
極端な話、うまくなるだけでは、プロではなく、うまくなるというのが大前提で、その上で自分の個性をプラスアルファーして、セルフ・プロデュースしていく力が必要なわけです。
そんな流れで、僕やdmkも利用されていくのかな?と思っています。

子供たちは今日から夏休み。
早速、家族旅行でキャンプに行くファミリーも。ウチのお隣のジェイコブくんも今日、キャンプに行きました。

LINEで送る
Pocket