Burtonカスタムにステッカー貼り

LINEで送る
Pocket

昨日からBurtonカスタム使っているんだけど、調子良いです!

僕のカスタムは、どうやらジャパンならでの柔らかいフレックスなのですが、プレスもやりやすいので、オーリー、ノーリーがカンタンになりました。高速ではやや弱いかな、と思ったけど、本当に楽しめる遊べる板!って感じです。

世界中にカスタムの愛好家が、いるのもうなずけます。まさにオススメのボードです。

それにしてもステップの板は、冬で3シーズン、夏も2シーズンで、かれこれ滑走日数300日越えるのに、ずいぶん無敵な板でしたね。よくぞ、頑張ったもんだ。

ところで日頃からニュース・コーナーで偉そうにステッカーの貼り方のうんちくをたれている自分ですが、実際に貼ると難しいですね。みなさんの気持ちがわかります。

まずは、dmkということで、どデカいステッカーを貼ることにしました。
だけど、ブラックとピンクしかない。板はブラックだったけど、ピンクは女の子っぽいしなあ。でも、ブラックの板にブラックのステッカーで意外にいけるような気がして、ブラックを貼ってみました。しかし、これが何がさっぱりわからなかった。あたり前か!? 前のステップの白板にホワイト・ステッカーは、カッコ良かったんだけど。

ともかく、もったいなけど、このどデカい超貴重な(?)dmkステッカーを剥がして、ピンクに貼り替えました。
ピンクって抵抗感あったけど、問題なくカッコ良かったです。

そのdmkステッカーの空白部分が気になって、マツモトワックスのステッカーを付けてみました。
だけど、なんか空白を活かしていないで、イケてない感じに。まあ、剥がせばいいや、と思ったけど、このステッカーは剥がれ難い材質のもので、困ったことに。まあ、徐々に剥がせばいいかな、ということで、続けて作業。

もちろん、NOMISのステッカーを貼ります。
僕はNOMISは大・大・大好きだけど、ライダーではない。細かいこだわりかもしれないけど、ここは大事な部分です。大きなステッカーは、ライダーが貼るべきもの。ここは控えめに中間サイズのものを貼りました。
さらに、今年からディストリビューションを始めたサンドボックスと、ランディングも。

ボードの中央は、かなり賑やかなデザインなので、ここには何も貼りたくないです。
あとは、ボードの下部分です。

その他、貼りたいのは、日頃からお世話になっている関係のカンパニーのものになります。
相棒ムラッチョの会社フィールドゲート、神田のローニンショップ、そしてマツモトワックスです。

ボードの真ん中に貼るとうるさくなるので、空間を活かすようにボードに縁に並べるように貼りました。マツモトワックスは、かわいく王冠だけ。文字は黒でダメだったので。

どうでしょうか?

LINEで送る
Pocket