PCピンチ!

LINEで送る
Pocket

ここ2日間はPC環境が大変な状況だった。
一昨日はクレアちゃんのベッドをピックアップする目的でバンクーバー。なかなか楽しいファミリー日の連続2日目となったのだが、その夜、こちらのケーブル会社の問題でネット環境がつながらないハメになってしまった。メールなどのチェック、その他もろもろの仕事ができないちょっぴり寂しさを感じながら、翌日には気合いを入れて頑張るぞ!と思って寝た。
そして、昨日、ハプニングが起こる。
本来なら、朝から5時まで子供2人がデイケアに行き、1日フリーで仕事ができるハズだった。これは、子供ができてから、初めてというような状況だったのだが、なんとPCが立ち上がらなかったのである。memory testという謎の言葉の後、止まってしまうのだ。かなり、おかしい状態であるが、幸いノートPCの方でネットはつなぐことができた。ダメ元で、dmkのケイくん(PC相談人)に連絡を取ったら、ちょうどケイくんもPCを立ち上げていたため連絡を取ることができた。
その結果、PCの中を見て、凄いハプニングを発見! なんと、PC中の扇風機の部分が落ちていたのである。この状況を知ったケイくん、「死んでいるでしょう」という、かなり冷酷な判断を下す。えっ、まさか! そんなことないよ。とりあえず扇風機を元の場所に戻そうよ、ということで、その試みをした。だけど、これがいったいどうやって付いていたんだが。2つのプラスッチク装着部分が落ちているのだが、どのようについていたのかわからないのである。それで、その状況を撮影し、スカイプというコミュニケーションのソフトを通じ送り、さらにそのスカイプでネット電話して永遠と思える時間の中で格闘。ケイくんは、アドバイスのためにフォトショップで、その完成予想図をレイアウトしまでして送る始末。
そんなことをかなりの長い時間やって、ともかくファン(扇風機)を装着することができた。そして、なんとPCが復活したのである!
だけど、そのファンが回っていないことを発見。ケイくん、「この状況かなりヤバイですよ」。動いているうちにデータの引越ししないと、ということで、今度は日本にいるケイくんが、カナダにいるオレのPCを遠隔操作して、何やら物凄い速さで操作。ケイくんは、普段からこのような仕事をしているのだろう、慣れた感じでチャカチャカやっている。その間に、かなりお腹が空いていたので、お茶でも飲もうか、なんて一瞬思ったけど、日本から頑張って作業しているケイくんは、朝の3時とか4時頃。しかも、最近、大きな病気になり手術した病み上がりの状況でやってもらっているのだ。とても、お茶とかお菓子とか食べれるような状況でない。
ということで、扇風機周辺の埃などを取っている作業をしていた。そうしたら、なんとファンが動き出したのだ。きっと埃とかで動かなくなっていたのだろう。そして、気づいたら、PCのデータ引越し作業なども終わっているようである。「えっ、もう終わったの?」という不思議な気分に。この後、スカイプを通じ、自分は何度も「ありがとう!」を連呼し、電話を切った。
2日間で貯まったメールは多かったが、とりあえずチャーリーの散歩も行かないといけないし、クレアちゃんのベッド関連のものも組み立てないといけない。そんなことをやっていたら、結局、夕方近くなり、結局、仕事関係と言ったら、ちょっとしたメールの返答と、ニュースをアップしたぐらいだけだった。夕方には、食事の予定が入っていたのだ。こんな状況であまり行く気がしなかったが、子供たちが楽しみにしていたピザ・パーティなので、潔くパーティを楽しむしかない。
そのパーティで、オレはビールを2、3本飲んで、さらにカナディアンクラブのウィスキーを薦められて、飲んで、かなり酔っ払った。家に帰ったのは、9時頃と記憶しているが、そのままクレアちゃんといっしょに歯を磨き、クレアちゃんの新しいベッドで、寝てしまったようだ。クレアから「お父さん、邪魔だよ」という感じで蹴りで押されて、自分のベッドに移動。本当は、家に帰ってから仕事をすることを考えていたが、そのまま記憶喪失のようなグロッキー状態。
しかし、3時ぐらいに起きることができた。うーん、まだ3時か、だけど9時ぐらいに寝たので、6時間は寝たことになる。大丈夫、かなり早いけど起きよう、ということでその後、猛烈にメールの返答やニュースのアップ作業などを行ったのである。そして、朝6時頃になり一区切りできるところまで来て、今、ちょうど日記を書いた、というワケだ。

LINEで送る
Pocket