調子に乗り過ぎでしょ?

LINEで送る
Pocket

なんだコイツら。ちょっと調子に乗り過ぎだろう。


Helgason Hills – The Storming Premiere Tokyo from www.helgasons.com on Vimeo.
  

まあ、この動画を見ただけでは、どんな状況でこんなにへべれけに酔っ払ったしまったんだか、わからないけど。
トースタインなんかもダラしねえほど、酔っ払って。
いくら何でも、こういったお客さんや一般ユーザーが集まるところで、この態度は行き過ぎです。

今回もヘルガソン兄弟やトースタインを楽しみにしてくれた人、たくさんいたと思います。試写会などの会場に来た方は、楽しんだ方も多かったのだろうけど、この動画を見る限り、あそこまで酔っ払った態度を見ると、さすがに引くなあ。

お酒を飲んで悪いってことなく、そうした楽しい雰囲気ってむしろ良いのだけど、あれはやり過ぎ。自分を見失っているというか。しかも、トースタインは「オレが何を言っているかわかってねえだろう」的なことをファックを交えて言っていて、あの場ではかなり失礼な感じ。もし、自分があの場にいたらと思うと、恐ろしいです。もちろん観客の前なので、ガマンしたことを考えられるけど、もしかしたら「日本人をなめんじゃねえ!」とか言いながら、ぶん殴っていたりして(笑)。

ともかく、何度も言うけど、ビデオを見ただけでは、実際の状況とか雰囲気とかわからないけど、これを見る限り、行き過ぎだなあ、って思います。

トースタインにしてもヘルガソンにしても、きっと3年前まではスノーボードで飯を食うとかのレベルでなかったと思います。それが急激に出世して、今では数千万とか稼いでいるのでしょう。この人生の急上昇、しかも若い、こんなに楽しいジャパン・トリップって、もう踊らせちゃう境地ってのもわかるのですが・・・。

以前、ショーン・ジョンソンにインタビューした時も、やはり若い時に急激に出世しちゃって、パーティの連続で、あの時の人生ではコントロール不能で酔いっぱなしだった、というようなことを言っていたけど、彼らを見るとまさにそんな状態のように見えます。

先日、自分もシモンたちを招待したからわかるけど、外国人のライダーが来るというのは、とても嬉しいこと。招くこっちだって、楽しんでもらおう、と思いいろいろやるわけです。シモンもアンドレもそういったことに感謝して、試写会やイベントでは、遅刻もしないし、常に全力でプロモーション・ワークに励んでいました。まさにプロの仕事をしてもらった、と思います。

だけど、今回のように調子に乗り過ぎる奴は、ビシって言ってやらないと。
「お前らがまともな態度でイベントに出なかったことは、本国に伝えておくよ」って、脅かしたりでもしないと。

彼らは世界屈指レベルの素晴らしいライダーで、多くの人に影響力を与えることができるのに、これを見たらファンとか引いちゃうよね。自分もトースタインのこと大好きなライダーだけど、ちょっとガッカリしたから。
あのキスの映像とか、何なんだ! 今度会った時、「あれは行き過ぎだね」って言うことになるだろうね。

子供だって車の中で、ゲロをする時には、袋の中でできるのにね。本当、コイツら何なんだ、と思っちゃいました。

まあ、こういう奴は、ドッキリとかでヤクザに脅かされてみるとといいだろうね。
日本刀とか見せて、「調子に乗るんじゃねえ!」って。きっと、相当ビビるよ。
そんな動画をアップしたら、オチがあってもっとおもしろかったんだけど。
  

LINEで送る
Pocket