父の日のイベント

LINEで送る
Pocket

今日は、父の日の学校イベントで、大河の学校に。
なんでも、子供たちがお父さんを招いてくれるというイベントです。
この話を聞いた時、「行きたくねえ」と一瞬思ったけど、
お父さんが来なかったら、大河が可愛そうだし、
何よりママの目が怖い。
「おい、お前(カミさんのこと)も行かない?」
と聞いたら、
「これはお父さんのイベントなの。絶対に一人で行きなさい!」
と怒鳴られてしまいました。
 
ともかく、朝、託児所に久々にクレアを送りに行き、そのまま大河の学校へ。
大河は日本で言う幼稚園年長さんで、「プレ・スクール」。
これは「学校の準備の学年」ということです。
スクールバスにも乗っているし、実質、小学校に行っているようなものでしょう。
さらに注釈だけど、カナダの学校は、グレード7とか8とかあるので、
小学校7年生、8年生というものがあります。
まあ、中学生のようなものだけど、その後はハイスクール(高校)に行く、というシステム。
 
 
話は飛んでしまったが、やや緊張しながら学校へ。
すると校庭には、周くんがいるではないか!
やったぜ!!
 
周くんとは、自分がウィスラーに初めて来た時からの友達。
もう、からこれ16年ぐらいのお付き合いかな。
周くんの息子さんは大河と同じクラスで、来ていたのです。
周くんはスノーボード学校の先生で忙しいかな、と思っていたけど、
今日は休みだった、ということでラッキー。
 
それにしてもクラスに入ってビックリしたのは、なんとほぼ全員のお父さんが来ていたこと。
金曜日の最も忙しいであろう時間帯に、なんでこれほどまでのお父さんが来ているのか!?
さすがファミリー時間を大切にするカナダですね。
お父さんが来れない人は、おじいさんやおばあさんが来ていたり。
 
学校で見る大河は新鮮です。気づかない間に成長しているんだなあ、と思いました。
そして、こうして自分という親以外にも、学校の先生などいろいろな方が
大河を育ててくれて。感謝せずにはいられない気持ちになります。
 
 
 
お父さんのために作ってくれた手紙、魚、写真たてなど、いただきました。
そしていっしょに大河の等身大の絵をペイントしました。
1時間ほどのイベントでしたが、なかなか楽しかったです。
ちょっと緊張したけど、行って良かった。
LINEで送る
Pocket