無免許だったけど

LINEで送る
Pocket

昨日は、まずスノーボーダー誌の岩田さんを朝一番で家を出て迎えに行った。岩田さんと話しているといつも話に夢中になってしまって・・・、それで気付いたらスピード違反。そう、おまわりさんに止められて、しまったのである。「うわあ、痛え、きっと130ドルぐらいやられますよ」とか言っていたら、おまわりさん「無免許だね」と一言。「えっ、そうなの?」「うん、だって、これ期限切れているよ」「アチャー本当だ」これは困ったことになった。なんと昨年からずっと無免許だったのである。無免許の上でスピード違反、これは罪が重そうだ。そしたら、おまわりさん、「隣の人は、免許は?」「いえ、持っていません」「日本の免許でもいいよ」「いえ、それも持って来ていないんです」というような会話して、そこで気付いた。あっ、このおまわりさんやさしい人で、岩田さんが日本の免許を持っていることにしたいんだ。それで、ただスピード違反で済ませたい、ということ。それを感じとって「はい、持っています」というわけのわからん会話が始まった。「じゃあ、この人が運転するように」「はい」
かくして、岩田さんはカナダに到着したばかりだというところで、慣れない右ハンドルで運転するハメに。途中のガソリンスタンドで運転を交代したけど、いやあ、焦ったなあ。良いおまわりさんで良かったよ。ともかく、その後、即効、免許の更新をした。

夜はパイプの大会の撮影。ここでもいろいろなライダーと久々に再会。話が長くなるので、すみませんカットです。

そして、その後は岩田さんと久しぶりに再会したキョウジさんと食事に行った(写真参考)。キョウジさんはオリンピックやワールドカップなどでパイプのジャッジングする方。見た目カッコいいのだけど、やること意外に3枚目で、おもしろい。岩田さんもおもしろいし、この2人と飲むと話が弾んで、結局、夜1時過ぎとかに突入してしまったのである。気付いたらオレは寝てしまったけどね。

LINEで送る
Pocket