明日はカップ戦

LINEで送る
Pocket

明日は負けられないコミュニティカップがあったので、練習日を設けました。そうしたら、もう1つサッカーのゲームが入りました。
1つ上のU12のコーチが、学校が休みだし、もうすぐスキーシーズンの前に、みんなで集まってゲームしよう!と声をかけてくれたのです。

集まったチームは、U11からU14の男女。
女子の方は、ちょうど人数も一人とか二人とか多いので、女子だけでチームを作ろうということになり、男子は、10歳から13歳までの子が3チームに振り分けられました。

自分は、2つのフィールドの内、1つのフィールドのレフリーです。

合計3試合したのですが、大河は今日もよく動いていました。
3試合の中で、最後までしっかりと走ってくれて、チームの中心メンバーに。
1つ、2つ上の年の子供にも物怖じせずに活躍したので、結局、上の子から、大河がペネルティキック蹴ってくれ、大河がコーナーキックを蹴ってくれ、と任されました。

そして、自分のチームを見事に3勝無敗に導きました。

この後、30分休憩後に、僕たちU11のコミュニティカップの練習です。
だけど、残っている子供たちで、結局、サッカーしていたので、休憩ではありません。またまたサッカーで、しかも大河は再び元気に走っていました。

そして、U11の練習を、1時間半ほどしました。明日の大事なカップ戦の前に合計3時間半のサッカーは、クレイジーだけど、それだけが目的でないのだからいいでしょう。

このU11チームは即席です。いつもやっているチームよりも強いのかどうか、よくわかりません。単にU11の選手30人の中から、行きたい人、手を上げて!と作ったチームで、コンビネーションとか不安です。

だけど、大河が前回の試合のように、最初に大事な1点を入れてくれたら勢いが付くでしょう。
コミュニティカップ1戦目は、大河が4点決めて勝ちました。
明日もガンガンとシュートを決めてほしいものです。

お父さんは、ちょっとドキドキだけど、大河はいつも通り。
それよりも、一昨日の日記でDanone Nationl Cupが気になるようで、昨日も今日も「お父さん、サッカーしよう!」と練習をお願いされました。

ともかく、勝つためには、大河が必死で最初のスコアを取りに行くこと。
また、例え負けている展開なっても、最後まであきらめずにプレイすることが大切だと考えています。

明日、子供たちに伝えるメッセージも考えてないと。


LINEで送る
Pocket