日本の思い出

LINEで送る
Pocket

日本から帰って来て、3日ほど経ちました。
やや時差ぼけ気味ですが、それを利用して真夜中に仕事をせっせと行っています。
こちらに戻って来て、やや戸惑ってしまうのは、カナダの仕事感覚の遅さ。
メールの回答が来ない、遅い。
ビジネス時間に電話してもつながらない、留守電にメッセージを入れても返答しない。
日本の方はパッパッとレスポンスあっただけに、ちょっとガックリ来ますね。
カナダの人と日本の人では、「忙しい」と思う感覚がだいぶ違うように思います。
 
日本で駅前のパン屋に行った時に大河がレジのお姉さんに向かいこんなことを言ってました。
「うわあ、早い!」
日本にいれば見慣れた光景だけど、確かにパンを袋に入れる時、またお客さんにお絞りの数などを聞いてすかささずパッと入れる様子、大河にとっては新鮮だったに違いありません。
パン屋の姉さん「ありがとうございます!」と言いながら微笑んでいました。
 
きっとこのパン屋のお姉さんの自給は、1000円以内に違いありません。カナダで言うと、8ドルとかの時給でしょう。こんな労働力を得る8ドルで得れる国、それが日本の強さかな、とも思いました。
 
カナダに向かう飛行機の中では、日本のバブル時代を映す映画をやっていました。その後に来る不況を伝えるためにタイムマシーンに乗って1990年に行くという物語です。
 
しかし、日本は不況と言いつつもGDP(国内総生産)は世界で2位。
今もいろいろと年金や税金が上がった問題などマスコミはネガティブな情報をどんどんリリースしますが、こうしてカナダと日本を往復していると、やはり日本の国力は凄いもんだなあ、と思います。だから、日本はこれからもっともっと良くなる、って楽観的に考えているのですが。
 
ここ最近、日記をアップしていなかったですが、いくつか日本の思い出写真をアップします。


亀戸の駅にて


上野動物園


よく通った公園  

LINEで送る
Pocket