息子、大河の初滑り

LINEで送る
Pocket

今季、息子、大河の初滑り。

最近は、ちょくちょくいっしょにスノーボードDVDを観ていたので、かなりイメージも高くテンションも高くなっていたようです。
昨年までなら、一日山にいることはほとんどなかったけど、今日は朝から2時頃まで滑っていました。

お昼頃には、山の上では雲海が広がり、とても気持ち良い日でした。

昨日、僕はイントラ仲間のジェイムスくんから、ノーズマニュアルでクルクルとスピンするグラトリを教わったので、早速、それを大河といっしょにやってました。大河の方が、スムーズに早くスピンしていて、ビックリ!お父さんは、逆エッジで転んでしまっていたし(笑)。

僕たちが滑ったエメラルドというチェアの下は、途中、とても緩やかな斜面が続き、そこでかっ飛ばすことができるのですが、大河はそこでのクルージングが特に気に入ったようです。カービングが楽しい!というようなことを言ってました。

よく、お父さんが、「大きくなった息子といっしょにお酒を飲むのが楽しみだ」、
とか、言うけど、
今日の僕は同じような楽しさを感じていたか、と思います。

ウィスラーの山がオープンして12日目。
これまで毎日、仕事などで山に上がっていたけど、今日が一番楽しかったと思います。

帰りはバスに乗り遅れたので、歩いて30分以上かけて家に帰って来たけど、大河は元気でした。一年でずいぶんと体力も付いたようです。

大河は、今日、相当楽しかったようで、家に帰っても
「お父さん、今度はいつスノーボードできるの?」と聞き、かなりテンション高めでした。

僕は来週、コロラドにNOMISミーティングのために出張で、しばらく大河とは滑れないけど、このスノーボードに対する意識の高さは、嬉しかったです。

 

LINEで送る
Pocket