山を滑るという流れ

LINEで送る
Pocket

本日のニュースでアップしましたが、ギギ・ラフが今季最も露出されたライダーになりました。

ギギ・ラフは、確か忠も好きなライダーで、何でもできるスノーボーディングがうまいライダーです。
昨今、ジブ系のライダーが人気が出ているけど、北米のスノーボード業界ではずっとこうしたライディングがうまいライダーが評価されているように思います。このことが、北米のスノーボード業界の軸とも言えます。

日本の業界というのは、いろいろな方向に揺れやすいですね。
国民性というか、良い意味ではどんどん新しいファッションに流れるというか。

だけど、今、スノーボードの流れが原点回帰という感じで、ライディング思考というのが高まっているような気がしますね。グラトリとかジブという流れが来たけど、より根本的な山を滑るというようなことが持ち上がってくるのではないか、と予想します。そういった意味では、ギギ・ラフ、ニコラス・ミューラー、あとはイエスのライダーたちしかり。そんなライダーが、これから日本でどんどん人気が出てくるように思います。

日本では、中井くんとかカッコいいと思います。

またジブというイメージのライダーでも山を滑らせたらうまい、という人も多いからそんな人たちが、新しい世界を見せてくれたりするのではないでしょうか。


ところで、今日はせっかくの日曜日だけど、雨になってしまいました。残念・・・。
ということで、ショッピングしたり、といいような一日。
大河は、待望の日本のサッカーTシャツ。ゼッケン10のNAKAMURAを買ってもらってご機嫌でした。


LINEで送る
Pocket