子供たちの初滑り

LINEで送る
Pocket

昨日はお父さんの初滑り。
今日は、子供たちの初滑りです。
 
今年の大河のウェアー、お父さんよりもずっと決まってます。

子供たち二人を連れて行く時は、お兄さんの大河は妹のクレアのペースに合わすためにもスノーボードなのですが、昨夜、ブーツが小さ過ぎるのが判明!それで、今日は二人ともスキーになりました。

 
クレアは、昨夜からかなり興奮気味。もう「今夜にでも行きたい!」と言っていたし。
 
そして、いざ出陣!
しかし、クレアはいきなり最初の一本目で大転倒して大泣き。「もう、お家へ帰る~」と言う始末。
これで帰ってしまっては、せっかくの初滑りの大河が可愛そうです。
そこで、クレアがちょっとでもプレッシャーの掛かる斜面は、だっこしてあげて、あと超フラットなところに来たら、スキーをやらせる、ということにしました。
それでも、すぐにクレアは、寒いとか帰るとか、根性ナシ!
 
ああ、しょうがないなあ。
 
「じゃあ、大河、お前一本一人で行け!」
と、言ったら、「嫌だ」
とこちらも根性ない発言。
 
「コノヤロー、お父さんは小学生一年生から一人で銭湯に行っていたぞ」
と言ってみたものの、大河にはわかったんだかどうだか。
 
まあ、とりあえず初滑りだし、早々に撤退しました。

ボーゲン暴走王子の大河、今年も健在!

妹を温かく見守りながら滑って、偉いね。

クッキー休憩

今日は早めに撤退。次回頑張ろう!

 
LINEで送る
Pocket