妻家出DAY 2

LINEで送る
Pocket

今日は疲れたな。
朝5時にクレアちゃんに起こされた。ここ最近ずっと下痢で昨日、特に酷くなり今朝もクレアちゃんにしては珍しい不機嫌ウエイク・アップ。いつもニコニコしながら起きるのに。こっちは睡眠時間が4時間程度で眠く、おまけに向こうは不機嫌だから辛い。

実は大河も調子が悪く昨日は嘔吐や下痢もあった。熱は出ないのだが、きっと何かの病気に違いない。ちなみに日中二人とも元気である。

ところが午前中どうしてもクレアちゃんが不思議なほど泣き止まなくて、きっと調子が悪いに違いない、ということでお医者さんに行った。幸いすぐに見てくれて、お医者さんの診断によれば、「これからよくなるのでしょう」というもの。聞きなれない病気の英語が何を言っているかわからなかったが、あきらかに心配していない印象だった。
(写真1枚目、いつもいい子に寝てくれるクレアちゃん)

昼食後、昼寝の子供たちは昼寝の時間になり、こちらもとても疲れていたので1時間ばかし眠った。その後も仕事。子供たちはしっかり寝てくれて一安心。なんだか、自分は母親的な役割だろうか、いつもオレが寝かした方がしっかり寝てくれる。そして、子供たちも母親がいなくてもグズらないし、むしろ大河に限ってはオレがいないと寂しがるそうだ。だけど、シャーリーと遊んでいる子供たちの笑顔の力は強い印象で、まるで日曜日にお父さんが子供たちを遊んでいる時のよう。オレの方が子供を見る時は、子供はそれほどエキサイトするわけでもないけど、穏やかな表情になる、という印象だ。
(写真2枚目、2歳ほど上の近所の女の子ヘイディを引っ張る頼もしき大河)

こっちも1時間ほど寝た後は、かなり気合いで仕事を片付けた。
そして、3時頃から食事の支度。今日は子供たちの食欲が弱いので、まあ玉子焼きとか、納豆とか、ご飯にふりかけとかで済ませようかなあ、と思った。だけど、こういう時こそ、しっかりと作った方がいい、という気持ちになり、カレーライスを作った。そしてある程度作ったところで、子供たちを連れて公園へ。ついでに近所のヘイディ(4、5歳)とディラン(2、3歳)もいたので、連れて行ってあげた。ここの家のママはいつもガミガミ怒っていて、何か病気のようである。子供たちもかなり乱暴な性格で大変な印象だけど、それだけに可愛そうな感じで、最近はチャンスがあれば面倒を見るようにしている。

こうして子供たちと遊んでいると、大河がとても頼もしくなる。ディランの暴れる姿も「しょうがないなあ」という大人のような感じで見守ることもできるし、ヘイディの横暴なプッシュにも負けずに立ち向かう強さも見せる。そして、子供2人乗せるカートを押す時も率先して引っ張ってくれて、リーダーシップも発揮してくれるのである。家では、結構ガツーンとやっているオレも、こうした大河の姿を見ると安心する。

その後は、風呂入れたり、食事などなどやって、気付けばクレアちゃんは寝る時間。本を読ませて、歯を磨き寝かせる。クレアちゃんは昔から面倒が掛からない子で、オレが作詞作曲した子守唄をちょっと歌ってあげて、あとはベッドに置けばすぐに寝てくれる。ともかくクレアちゃんは面倒が掛からない子。そういえば最近、クレアちゃんが偉くなったと思うのは、外に行く時には自分でクツをさっさと履き、さらにはお兄ちゃん(大河)のクツも「どうぞ」とばかりに渡すこと。1歳なのに、本当に偉いね。さらには、「これゴミだから捨てて」と言えば、捨てれるようになったし、「このミルクはお兄さんのだから、渡して」と言えば、持って行ってくれるのである。まあ、オレにとって見れば可愛い、可愛い、娘なのだ。
(写真3枚目、1個下のディランくんと仲良く記念撮影)

LINEで送る
Pocket