天職かも!?

LINEで送る
Pocket

ニュースでもお伝えしたように、ウィスラーでイントラ始めました。
 
最初はいろいろ不安もあったけど、実際に働いてみて、不安も一気に解消しました。
 
このウィスラーのイントラという仕事は、自分流に自由でやっていいのです。そのことに、とても感謝しています。
 
自分の教え方で、他のイントラの方と違うと思うのは、往来の上達方法は参考までに留める程度にしている、ということです。
例えば、昨日も今日も寒い日でした。特に今日は雪がガンガン降っていました。そんな時は、生徒さんもみんな寒い。だから、動きたいです。だけど、初めてなので、不安もあります。
それで、最初にフラットなところで、両足バインを付けて、グラトリ遊びしました。他のイントラの方がスケートをしているので、異色ですね。僕のクtラスだけ、輪になり、ペンギンのようにヨチヨチドタバタして、また転がり、という感じで。
だけど、僕はそれが一番、生徒さんにとって良いことだと思うので、気にしません。また誰もそのやり方を咎める人もいません。
 
このグラトリで心拍数が上げれば、身体もよく動くようになります。次はスケーティング。
ここでも往来のスケーティングだけでなく、いきなりジャンプもさせちゃいます。もちろん全員にやらすことはないけど、やれる人はやってみよう、という感じです。
自然停止できるところでのスケーティングなので、みんな余裕も生まれます。それで、多くの生徒さんがトライしてくれました。みんなジャンプする感覚が楽しそうでした。そう、これで自然に、ヒザの曲げ伸ばしの過重動作も覚えているのです。もう、みんなジャンプターンもできそうな感じ。
 
あと、今日は雪が多くて、横滑りとか、難しい環境でした。だから、エッジングを覚えさすのは、横滑りでなく、直格好からの停止で覚えてもらいました。それは、そのままスノーボードのターンにつながるテクニックである、ということを説明してやってもらったら、みんなうまくできました。
 
そして、最後、お別れをする時には、みんなご立派にスノーボーダーでした。これを機会にみんなスノーボードを続けてくれそうです。
 
今日もみんな笑顔です!
dmkクラブで最後バスでお別れする時、あの握手する感覚。「どうも、ありがとう!」と言っていただけた時の嬉しい気持ちと同じでした。
英語はあまり上手でないと思うけど、みんな自分のレッスンに幸せそうにしてくれて、とてもナイスなセンキューをしてくれて、心が温まります。僕の方こそ、こんな感覚にしてくれて、ありがとう!という気持ちでした。本当に嬉しかったです。今日のレッスンを受けてくれた人、ありがとうー!という気持ちでいっぱいになりました。
 
こっちの人は、笑顔も感謝もストレートに来るし、完全にノックアウトされるような幸せな感覚に陥りました。まだ始めたばかりなので、これからいろいろ試練もあるでしょう。だけど、22年のスノーボードの経験、15年間のハウツー天使の経験は活かされたと思います。
まだ始めたばかりだけど、これは天職かも!という気持ちになって来ました。
 
これからウィスラーに来るみなさん、ぜひ僕といっしょにスノーボードやりましょう!週末はクリスマスなど、忙しい時期にはイントラしています。
LINEで送る
Pocket