喘息サッカー

LINEで送る
Pocket

大河、今日は学校お休み。喘息でダウンってことだけど、確かに息はゼーゼーして可哀想だけど、本人はいたって元気そうで。
だから、僕が先生になり、ひらがな、かんじ、算数、フランス語をやりました。
フランス語は、先日、日本に帰っていた時に、CD付きの教材を買っておいたので、それをやったのです。

本来なら家でゆっくりしているべきなのだろうけど、大河はEURO2012をテレビで見て、サッカーをやりたくてしょうがない。
じゃあ、仕方ない。走らない簡単な練習だけやろう、ということになり、近くのグランドに行きました。
日本に行って改めて思ったけど、こうして近所に芝生の環境が気軽にあるって、ありがたいものです。

練習内容は、パス、トラップなど基本的なことから、PKなど。
PKでは、できるだけ本番に近い状況を設定してやりました。

この後、大河はウィスラー選抜チームの練習があり、これは行かない方がいいなじゃい?と思っていましたが、本人もちろん行く気120%。
じゃあ、まずはコーチに喘息であることを伝えること。そして、絶対に走らないこと、という条件で出発。

ちょうどこの日の練習は、ポジションの練習でそれほど走るものでなく助かりました。
グランドに均等にコーンを並べて、パス回しの練習。選手は、1つのエリアのコーンしか動けなくて、チーム全体がボールの方向に向かって連動するような練習です。長いパスは禁止で、バルセロナのようなパス回しをイメージして行いました。

練習終わって、お風呂に入って、夕食を取り。
その後、喘息のお薬。
だいぶ良くなったようですが、本人曰く7、8割程度。

明日も毎週土曜日に行われるリーグ戦があるのですが、無理しないようにやらせます。

大河には、「もしかしたら、サッカーの神様は、大河がもっと目線を上げてパスすることを伝えたいために、喘息になったのかもよ。」
と言ったら、大河は最近、覚えた日本語で、「そうかもね。」と答えていました。

ところで、以下はママを真似したクレア。サングラス、ニット帽、ブレスレッドがママのものです。
イエーイ、カッコいいね!

LINEで送る
Pocket