ルーブはペンキ屋さん

LINEで送る
Pocket

買い物から帰って車を止めると遠くから「フサキー!」の声。
振り向くと、20メートルほど先の家のドアのところでルーブが叫んでいました。
「ヘルプ!」
と言っています。
行ってみるとペイント(ピンキ塗り)していました。今、ルーブはバイトでペインターになっているのです。
 
ルーブは昔から苦労人る。
みんなも知っているような海外ビデオには登場しているし、スノーボードもうまいし、
しかし、もう1つ出世できないという感じ。
だから、常にバイトが付きまとう。
それでも、以前、朝方まで働いていたピザ屋よりはマシだけど。
 
「今年はマックダグのピープルでパートとることできたの?」
「いや、映像が足りなかった。
サンサローンのサンドボックスは出る。
あと、ホワイトアウトのフレンドのパートで出るかも」
 
「スポンサーとはどう?」
「ビラボーンの方はいいけど、ナイトロの方が・・・」
 
「ああ、アンドレアス入って来たから契約金落とされたんだ」
すると、ルーブのパートナーでペイントしていたお姉ちゃんが、
「彼はとってもキュート!」とエキサイティング。
その姿を見て、ルーブは呆れ顔。
 
「フサキ、ノーミスはどうだい?」
「えっ、ノーミス、オレが決められないからなあ」
 
ところで、ルーブはこの夏、キャンプ・オブ・チャンピオンズでコーチするそうです。
これは、ひじょうに楽しみ! この夏ずっとルーブと撮影やら、飲みやら、
楽しそう。
 
今年のルーブはもう1つ上昇できなかったけど、
来年こそマックダグのビデオに出て、良いパートを残し、
メジャーレベルになってほしいものです。

LINEで送る
Pocket