ミニ・ゲーム大会

LINEで送る
Pocket

今日は大河のサッカーキャンプ、サイボ・ヨーロピアン・フットボール・スクールの最終日でミニ・ゲーム大会がありました。

1チーム5人で、8チームに分かれてのワールドカップ。大河は、大好きなお友達、チカ、ノアム、ゴローといっしょのハズだったのですが、ゲーム前、1チームに女の子も2人入らないといけないということになり、一番、やさしそうなチカだけが他のチームに行ってしまいました。たぶん、ここで大河かノアムを差したら、間違いなく駄々をこねて泣いただろうし、まあ、チームを決めるコーチとしても賢明な選択だと思うけど、チカがいなくなって残念です。幻のジャパン・チームになりました。

ゲームが始まりました。ノアムをリーダーシップに凄いエネルギー。大河とのコンビは、まるでアニマル。大きい子なんて関係ねえ、とばかりにボールを奪いに行きます。このキャンプの中で、大河は最も若いし、チーム全体も若いのだけど、ノアム、大河、ゴローのトライアングル・ラインは、ハンパなく強い。後ろにいる女の子二人が申し訳ないくらいまったくボールに触れないほど。だけど、勝ち続けるチームに女の子たちも楽しそうだったので、安心しました。

決勝まで進んだ大河のチーム。だけど、決勝ではスケジュールの都合で時間が短く、0-0で終わってしまいました。
そこで、PK戦に。
ここではしっかりとノアムとゴローが決めてくれたけど、大河が外してしまったのです。嗚呼・・・。

まあ、大河もゲームでは、本当に頑張ったし、たくさんゴールも決めてくれました。PKだし、責めることはできません。
いやあ、だけど本当に残念。
だけど、このキャンプの後、PKの練習をしました。
そして、ジャパニーズ・キッズたちは、またゲームをやろうということで、ゴールの設置を始めたのです。コイツらのエネルギー、はハンパない!(笑

 

 

LINEで送る
Pocket