ホワイトキャップス・キャンプ最終日

LINEで送る
Pocket

ホワイトキャップス・キャンプの最終日。
今日は、ワールドカップと称して、ミニ・ゲーム大会でした。

大河は、一番上の中学生のキッズたちと混じっての試合です。大河の他にも、小学生はいるけど、中学生と合体チームなんて、凄い。

どんなゲームになるか、ドキドキしながら見ていたけど、大河は思っていた以上に大活躍!

ポジションは、左のフォワード。
味方が押されている時は、味方を信じてそれほど下がらずに辛抱して、いざ攻撃になるとゴールへ向かって走り出す。パスを出してくれるのが中学生のキッズでうまいから、これがドンピシャ。なんと6ゲーム中、大河は4得点も上げたのです!親バカながら、改めてコイツは凄いや!と思いました。

3得点目のゴールを上げた時には、味方の子供が、大河をかついで喜んでくれました。
みんなから「大河、ナイス・ゴール」と言ってくれて、大河は、本当に幸せ者だなあ、と思いました。そして何より見ていた僕もとても嬉しかったです。

大河のチームは、6ゲーム中、負けなし。4勝2引き分け。しかし、決勝のPK戦で負けて準優勝。
だけど、大河はチームの得点頭での大活躍ぶりに、文句の言いようがなし。こりゃあ、今夜のお父さんのビールがおいしいってもんです。

終わってみて、本当に良いキャンプだったと思いました。
早いパス回しを覚えて来て上達したし、声もよく出て物怖じをせずに積極的になれました。
そして、新たなサッカー仲間ができたことが、何より最高でした。

クレアも毎日、大好きなプールで遊べて、ママにとってもリフレッシュ。楽しい夏休みの旅行になりました。

ところで、キャンプの最後には、シュートを穴の中に入れると、ホワイトキャップスの帽子がもらえるというイベントもありました。
このキャンプに参加していたキッズやお父さんが参加したので、結構、並んでいたけど、キャップほしさに僕も大河も長蛇の列に並んでトライ。もし、大河が決めたら、遠慮しようと思っていました。

ところが、大河、3トライできる内、決めることができずに。
それで、ここはお父さんの頑張りどころ、と思い、トライすることにしました。

一発目は、穴より上に行ってしまい外しました。
次、二発目は修正して、上半身をかぶせるように打ってめがけて蹴ったら、見事に穴に吸い込まれるようにして、ゴール!
お父さんの面目を保つことができました。
どうだい、お父さん、凄いだろ!って。

帰りの車の中で。暑い日差しの中で、走り回った大河は、もの凄く疲れたでしょう。寝てしまいました。本当に、よく頑張りました。
何しろ、僕たちは毎日、キャンプが始まる一時間前から、待ち切れずに練習していたし(笑)。

そして、今、大河は、この旅行中で買ってあげたマンチェスターユナイテッドのボールといっしょに、寝ています。
大河は、ますますサッカー・バカに歯車が掛かって来たようです。

 

LINEで送る
Pocket