ブルーを集めるクレア

LINEで送る
Pocket

先週、自分のメイン職場であるグループレッスンが終了し、今週からプライベートのレッスンに移りました。

プライベートのお客さんって、イントラを一人雇うのに、600ドルも掛けているんです。ビビっちゃいますよね。

今日はイギリスから来た三兄弟。とっても可愛かったな。

出る時、お父さんから冗談で「この3人の内、2人戻って来たら上出来だよ。」と言われたけど、その意味がわかりました。
本当、元気な子供たちで大変なんだ!

一番下のジェイコブくん7歳は、「怖い。僕、ボードから降りたい。」って言うから、じゃあ、ここは歩こうね、と言って歩き始める。すると上のお兄ちゃんが滑り始める。すると、「やっぱり僕もやりたい。」って、調子で、またバイン付けるので手伝ってり、また怖くて外したりって、ともかく目が回るような忙しさ。子供の世話ばっかりで、まともにデモンストレーションができたもんじゃない。横滑りとか、木の葉落としもやらそうとするけど、結局、真っすぐ行きたがって。じゃあ、しょうがねえ、もうターンやっちまおうぜ!というノリでした。

それで2番目のお兄ちゃんができてしまったから驚いてしまいました。まともにステップアップ練習していないのに、いきなりターンですから!しかも斜度だって、結構、大変なところだったのに。

いやあ、ともかくお父さん疲れたよ!(笑

今夜は、カナックスのプレイオフの準決勝、初戦。
普段、ほとんどホッケーを見ない我が家もこの時ばかりは、という感じです。

カナックスのブルーということで、やたらにブルーを集めたクレア。会場にいるお客さんのようにタオルをぶん回して興奮していました。
ピンクのパジャマの上に、強引にもブルーのじんべえを着て。大河の赤ちゃんの時のビブに、お皿を吹くふきん。そしてNomisのキャップ。まあ、よくもいろいろなところからブルーを集めて来たんだね(笑

このクレアの熱烈な応援が功を奏して、見事カナックス初戦勝利!

LINEで送る
Pocket