バックレのパウダー撮影

LINEで送る
Pocket

今日は起きたら、久しぶりに青空が広がっていました。
天気もいいし、山の上にはたっぷりパウダーがありそうだし、撮影に行きたい!って気分です。
だから、イントラの日だったけど、一応カメラ・バッグを持って行きました。
レッスンに入らなかった時に対応できるように、と。

朝、いつものスタンバイの場所にいたら、トモと遭遇。

おーお、どうしたんだい?

山に上がるんですよ。

マジで。パスないのに。

はい。だけど、今日はマッシュさんと撮影するので、チケットを買って上がります。

うわあ、天気もいいし、オレも行きたいな。
決めた、オレも行くぞ。こうなったら、仕事バックレだ!(笑

って、ことでもう自分も山に上がることにしちゃいました。
どうせ、イントラの余っているので、大丈夫。お昼のレッスンにスタンバればいい。

誰でもできる仕事よりも、自分が必要とされる仕事をしたいってもんです。

トモとマッシュを、春のフサキのパウダー・スタジオにご案内。
この時期、よくこっちの大御所フォトグラファーのポール・モリソンとかいて、よく彼に場所を取られるのだけど、幸いまだいなかったので、ガンガンにパウダーの撮影ポイントを攻めまくりました。

トモは、フォトグラファーの気持ちをよく理解しながら、ミスなしでライディング。
成長したなあ。

以下の写真は、パウダー巻き上げて、トモの身体が隠れてしまったものです。

今日は、本当、たくさん良い写真が撮れました。
トモも笑顔。フォトグラファーのマッシュも満足な表情。

撮影一段落したな、と思って時計見たら、12時45分。
アチャー、ちょうどイントラの午後のスタンバイの時間だよ。
って、ことでまたもやバックレ決め込み(笑

そして、気持ち良かったので、ビール飲みにロングホーン(ビレッジの飲み屋)まで一気に下りました。
おいしいナチョスをいただきながら、ビールを飲み干しました。

マッシュは、ガッツがアリアリ。話をしていて、凄くおもしろかったし。
楽しい時間を過ごさせてもらいました。
今日は、本当に楽しかったなあ。

LINEで送る
Pocket