トオル

LINEで送る
Pocket

自分の中でトオルというと、
親戚の叔父にトオルおじちゃんがいて、
また、昔からいるクラブ員のトオルちゃんがいて、
それと、某ブランドに務めて何かとお世話になっているトオルがいて。
 
だけど、今回のトオルは、dmkライダーでずっと日記コーナーも担当していたトオルの話です。
 
 
トオルとは、ウィスラーのdmkクラブ活動に知り合いました。確か5、6シーズン前に。いや、もう7シーズンとか経ったのかな。
 
当時からグラトリなんかをビシバシ決めて、dmkクラブ内のスターって感じでした。
 
同じ年からクラブ員になったハジメの方は、まだターンもろくにできない感じだったんだけど。
 
 
またハジメと比べて申し訳ないんだけど、トオルはともかく面倒が掛からないタイプ。対して、ハジメというのは、なんだかいつもほっぽとけないような感じで、その点、二人は両極端。世話の掛からないしっかり者の兄トオル、いつも面倒ばかり掛かる弟ハジメって感じでした。
 
特に決定的に違うのは、財政面の管理。ハジメは、いつもお金がないって感じだけど。
トオルは、カナダにいる間から、節約していたし、空いた時間を使っては仕事をしていました。
その節約と仕事を見つける精神には、自分には真似できない、凄いパワーを感じました。
 
例えば、節約という面では、食事の時の話。
 
ゲレンデのレストハウスに行くと、あまりろくに食べていなくて、残してしまう人がいます。
そんな見ず知らずの人にトオルは声をかけて、「これ食べないなら食べてもいい?」と聞いて食べちゃうんですね。そのハングリー精神には感服!
 
あと、仕事という面では。
 
冬のために戻って来たトオル。カナダ一日目で、ビレッジをブラブラ。
すると、レストランで働いているインド人が休憩でタバコを吸っていました。そこでトオルは、「仕事ない?」と早速、聞きます。「あるよ、皿洗いだけど」
すると、もう翌日から働くトオル。
 
 
今、ワーホリでカナダ・ウィスラーに来ている人は、あまり行動しないで悩んでいる人もいるけど、本当、トオルのガッツを見習ってほしいですね。
 
 
それでトオルは、いつも一生懸命仕事して、お金も節約して、ニセコに土地を買ったとか。それも、値段がドカーンと上がるちょっと前だったかのように思います。今、20代の半ばかな。本当、しっかりした若者です。
 
 
dmkでも、レポート書いてもらったり、最初のビデオシリーズとなる浪人3にも出演してもらったり、さらにハウツー作りなど、アイデア提供の面、またdmkクラブ活動のコーチやサポートの面でも、お世話になりました。
 
 
トオルというのは、その発する言葉もユニークで、だからトオル日記は常に楽しみにしていました。
そんなトオルが、理学療法士の勉強のために、日記の休止宣言しました。しばらく、トオルの活動や楽しい話が聞けないのは残念だけど、誰からも好かれるトオルだけに、きっとこれからも全力で人生を駆けて行くのだと思います。楽しいビデオ批評など聞けなくなるのは、本当に残念だけど、これからのトオルの人生を応援しています!
 
これまでdmkで日記を書いてくれて、ありがとう!
 
LINEで送る
Pocket