コーカニー

LINEで送る
Pocket

朝は晴れ間も覗き良い天候だったけれど、午後から雲が出て来て雪になった。そして夜には雪がどんどんと降って来て、明日もパウダーになりそうだ。

今日もほとんど1日中仕事である。まあ、その間のチャーリーの散歩やら食事の支度、お茶を飲みながら新聞を読んだりと、適当なリラックス時間があるので、苦ではない。というか、こういう日はリラックス・ディだ。オレのカナダの日常の生活である。

夕飯の支度をしている時、久々にコーカニーを飲んだ。
コーカニーというのは、カナダのビール。日本人でも飲みやすいキレとコクがバランスの良い味だ。毎年、撮影で日本から来るカメラマンの方もコーカニー好きが多い。
その最初の一口を飲んだら、
「うめえ~」
と思ったね。
ビールがうまいほど、特別な運動とか仕事をしたわけでないけど、ごぶさたぶりでおいしかったのだ。

このコーカニーというのは、不思議なビールでパッケージに雪男の絵が描いてある。コーカニーのシンボルとも言える、雪山のところにかなりわかり難いように黒く塗りつぶされた雪男がいるのだ。この写真だとかなりわかり難いが、右上の方にある。

以前のパッケージには、頂上で手を振っているものもあったし、スノーボーダーもいたし、デザイン製作者がかなり遊び心を使っていたものだ。こういった超さりげない遊びっておもしろい。

LINEで送る
Pocket