クレア人生最高の喜び日(?)

LINEで送る
Pocket

一昨日、マイナス20度のとても寒い中、取材した後で昨日のマイナス10度はずいぶんと温かく感じた。思えば、ここ1週間ずっとマイナス15度以上で、夜になると20度以上だったからなあ。だけど、今日はプラスになって、なんと雨ザーザーぶり。まったく困ったお天気だ。
まあ、世界選手権期間中だけど、今日は何も行われなかった。だから、山に上がらなくてもいいのだけど、できれば日本人選手の様子、綿谷くん(ナチョチ・コーチ)にも会いたかったから山に行きたかったのだけど。今日は子連れ狼状態だったからなあ。本来なら、パイプの場所はベース2(車で行けるところ)だから、子供もいっしょに見に行きたかった。だけど、この雨では無理だし、日本人選手もちゃんと練習できなかっただろう。
それで家で仕事したり、子供の面倒を見ていた。テレビでニュースを見たら、「阿部氏が朝日新聞に抗議」という興味深いのがやっていた。あとは、相変わらずのイラク治安情勢。そして、イスラエルとパレスチナという定番もの。
カナダやアメリカのニュースでは、このところ「津波の中、助かった事件」とか「こんな感動の救出劇があった」というようなことを連日ニュースなどでやっている。
先週だったかな、タイの像が、津波を来るのを知っていて、津波が来ないところまで上がっていた、というニュースは興味深かったなあ。
人間というのは進化の先頭のようなものだけど、進化というはある意味、退化でもあるんだなあ、と思った。生きるための六感とか、そういった部分が退化しているのだと思う。まあ、何でも便利な世の中で、生きるってことに対してグータラしているのかもしれないなあ。だいたい自殺するのって、人間だけだし。
よく仏教とか何かの宗教の話とかで、自分の体は借り物だとか言い方するけど、その意味では、自殺も「殺す」ってことになる。そんな考えで、自殺の人は、犯罪人とか法律作ったら、もしかして世界中で自殺者が減るのかなあ、と今、この日記を書きながら思った。
なんだか話が飛び飛びだけど、日記らしく、今日あったことを。
子供たちが昼寝から起きた後は、プールに行った。自分一人で2人の子供を連れて行くのは初めてだったけど、着替えとかちょっと面倒だったなあ。だけど、クレアちゃんは本当に楽しそうに遊んでいた。もしかして、彼女の1年3ヶ月の人生の中で一番楽しかったのでは?と思うほどの喜びよう。こんな日にめぐり合えて、お父さん感動です!(笑) ビート板につかまって、こちらがビックリするくらいの速さで歩く(走る?)姿を見て、この子は間違いなくスポーツ選手になれる!と親バカなことを考えていた。大河も運動神経がとても良いのだけど、クレアちゃんの方が肝が座っていて、結果を出すタイプのような気がするのである。転んで溺れようが関係なくキャッキャやって、またすかさず走り出すからなあ。クレアは食事の量もすさまじいほど多く(たぶん日本の若い女の子の食べない子よりも食べる)、運動量も多いので、これからもどんどん運動させてあげないと、と思った。まあ、シャーリー、大河、チャーリーboyを含めて、体を常に動かすのはウチのファミリーの特色だけど。

LINEで送る
Pocket