ウィスラーへ留学?

LINEで送る
Pocket

朝起きたら、外は雪。ワーオ、この時期なのに、ビレッジ・レベルでも雪です。
この時期の山の上のパウダーは、珍しくないのですが、下まで雪というのは、凄いです。

新雪は10センチほどなので、それほど良いパウダーではなく、トゥリーに入ったらすぐに固いバーンを感じました。だけど、朝イチのランと、次の2本目は結構、気持ち良かったです。

ところで、大河がますますスノーボードに夢中になったようで、今日dmkでアップしたニュースを見て楽しんでいました。
マッシュが出たところでは、「マッシュを攻めたい。」とコメント。

マッシュという言葉を知っているってことは、さすがウィスラーっ子ですね。
大河は「マッシュは、階段のようだから、転びやすい。だけど、こんなパウダーなら転びたい!」とも言ってました。

こんなふうにスキーやスノーボードの知識が豊富なのも、土地柄でしょう。
きっと将来、このウィスラーから、これまで以上にライダーやスキーヤーが誕生していくと思います。

ウィスラーで育って、すでに五輪で金メダルを獲った女性スキーヤーもいるし、ウィスラー育ちのプロ・ライダーもいます。

だけど、さらに教育熱心でスポーツエリートを育てる親御さんたちの世代のキッズが、これからどんどんと20代に近付いていくので、さらに増えるように思うのです。

大河の学校の先輩、友達が、五輪アスリートになったり、ビデオに登場するライダーになったり、そういうことが、どんどん起こっていくと思います。

サッカーでも中学に入る頃から、親元を離れて留学させたりするけど、スキーやスノーボードでもそういったことをさせないと、世界で活躍する選手になはなれないのかなあ、と思ったりもします。

将来、僕がもっと大きな家を購入することができたら、そういう子供たちのホームスティをやるのもいいかな、なんてちょっと思いました。


LINEで送る
Pocket