【日記】ギフトショー

LINEで送る
Pocket

お台場の東京ビッグサイトで開催されているギフトショーに行って来ました。

いやあ、凄い規模、そして凄い数の人・人・人。
カナダから帰って来たばかりの僕は、あまりの人の多さに目が回ってしまいそうでした。

news130904d

今回の僕の目的は、ディスリビューションしているブランド、BurnStreetとAWSMが出展していたので、それで見に行ったのです。
今年で2回目の出展ですが、昨年は良い効果があったので、引き続き出展しています。

このギフトショーでは、今まで自分たちがなかなかアプローチできなかったショップと遭遇することができます。
昨年の例で言えば、このギフトショーのお蔭で、BurnStreetがドンキホーテで販売されるようになりました。

来場者数ももの凄く、毎年、僕たちがお世話になっているインタースタイル展示会(横乗り・ファッション)だと、2万6千人というレベルですが、こちらのギフトショーでは、3日間の来場者数が述べ20万人というから驚きです。
このエリアに東京ドーム満員御礼の5日分の方たちが来る計算になります。

僕たちスノーボードの業界で生きている者にとっては、やはりスノーボードのお店に売るのが本道かと思いますが、この苦しい時代、そうは言ってられないというところがあります。
実際、このギフトショーでも、スノーボード業界でもお馴染みの代理店さんがいくつか出展しています。

今、僕が読んでいる本、『海賊と呼ばれた男』の主人公である国岡鐵造も、終戦直後の混乱期、なりふり構わず会社と従業員を守るためにいろいろな仕事を行うわけですが、我々、スノーボード業界もこの世界で生き抜くために、いろいろな仕事をしないといけません。むしろ、他の世界から入って来たお客さんをこちらの業界に引き寄せるという気構えが必要でしょう。
そういった意味でも、今回のギフトショーへの出展というのは、とても意味があることだと思います。

それにしも、このギフトショーの規模は、これまで僕がいた世界よりもずっと大きくて魅力的でした。
たくさんの魅力ある商品に溢れているし、新発想を生むという意味でも良い刺激を受けます。

もし、何かこの世界で凄いヒット商品を生めば、これまで考えてもいなかった大きな収益を出すことだって可能です。
こうして新たに生まれた利益を、自分を育ててくれたスノーボード業界に還元できれば最高ですね。

news130904e

 

 

LINEで送る
Pocket