【フサキ日記】モンスタージャパニーズボーイズ

LINEで送る
Pocket

山から下りた後は、さっとシャワーを浴びて、マウントカリーへ。
息子の大河が、1年ぶりにウィスラーチームで試合です。テンション上がる!

だけど、運転していて眠たかった~。ウィスラーは北上して、ペンバートンを越えて、マウントカリーというのが意外に遠い場所だったのです。
でも、1時間ぐらいだったかな。

フィールドに到着すると、そこは「おお、カナダ!」って感じの見事な景色。子供たちはこんな景色の中、サッカーできて幸せそう。
芝生に寝そべりながら、サッカー観戦を決めよう、とニヤノヤしている時、向こうの関係者らしい人から、「レフリーがいない。」という声が。
まあ、オレは関係ないべ、と決めこんでいたら、誰かいないかいないかって、周りのママ連中があたふた。えっ、うっそー、このへんでサッカー知っている人って、オレだけか!?
うそ、いやそんなことはない、と思いこんでいたけど、結局、誰もやらなくて、自分が審判することに。
よく、自分がコーチするサッカーでは、審判やっていたけど、公式戦ではデビューだ。緊張するなあ。

そして、これがまたもう長いんだ。35分ハーフ掛ける2で、合計70分も走ったのです!
いやあ、審判って疲れるもんだねえ。特にカウンターアタックでのオフサイドのチェックって大変じゃん。

ゲームの方は、ウィスラーチームが7-2の圧勝。大河のジャパニーズフレンドのモンスターボーイスが、見事、全7得点を奪いました。
恐るべし、モンスタージャパニーズボーイズたち。
大河も記念の1ゴールを決めました。

news140508f

 

 

 

LINEで送る
Pocket