【コラム】行って参りましたDOME

LINEで送る
Pocket

埼玉のプロ・ショップGlobal Sessionのオーナーで、最近はリルのマネージャーや、雑誌への写真提供など、様々な活動をしているKJ氏から東京ドームのレポート&フォト記が届いた。
今回は、ショップでスポンサードする國岡あい、吉沢こずも、野村礼華が見事にオープニング・アクトに選ばれている。この東京ドーム大会をどのような視点で観ていてたのか。みんなが知らなかった秘話も公開するぞ。


Photo & Report by KJ

行って参りましたDOME。
今回はdmkのカメラマンとして(笑)。
この大会を盛り上げようとオープニングに送り込んだ刺客、國岡、吉沢、野村のお父さん役も兼ねて。

QP&SJの結果は、すでにご存知と思いますので省略。
スーパーセレブ金メダリストは勝って当然だ!ここで普通の褒め方したらつまらないので、KJ的にショーンに一言。

「おいスーパーセレブ!写真撮りにくいんだよ・・・もう少しセレブらしい派手なウエアー着ろよ!(怒)」

なんつってもKJ的には「宇宙人テリエが一番カッコよかったな。横で携帯カメラを構えてた“写メラマン Ai Kunioka”とヤバイね~、っと大騒ぎだよ!」

日本人では一海だな!一海は若いからまだまだ先が楽しみだ。
なんつってもジャニがぉだからな~。この業界を盛り上げるには新たなスターが必要なんだよね!
一海なら行けるね!

勝ってあたり前!?スーパーセレブのショーン・ホワイト。

スタイル入れていたよ。DCのチャズ・ガルデモンド。

やっぱテリエはいぶし銀のテクニシャンだね。

SJだけど・・・

安定感バリバリで高回転を決めていたトースタイン・ホグモ。

やっぱり肉食ってる奴らにゃ適わないや!(トホホ・・・)
何だよホグモ、ホーグモ?なんか結構余裕な感じだった。
SB12って何だよ、ファインダー覗いてると何回スピンしたかわかんね~よ?
ランディングしてから「今、何回スピンした?」って感じで、安定しまくっていた。

そんでまたスーパーセレブが全身真っ黒(怒)
んだけどこのセレブがコケナイ、コケナイ!最後の方に1回尻もちついたくらいじゃないかな?
この間まで「ガンダムガンダム」って騒いでた子供が“スーパーセレブ金メダリスト”だって言うんだからオレらも歳だよなフサキ(泣)。

ここでもやっぱりカッケ~って思ったのはテリエ。
いいんだよテリエはブン回さなくって!
涙モノだよテリエのトゥーウィーク!死ぬぅ~。
この渋さをわかってないようじゃ通じゃね~な!
ホグモが勝ったけどKJ的にはテリエだよ!テリエ。

8、9年前日本にお忍びで来ていたテリエを秩父まで拉致ってBBQやった時、おもしろかったのを思い出したよ(笑)。
普通に手が後ろに回るイタズラをやったんだよ(絶対に言えない)
ヒョイッと来てあのインパクトなんだからやっぱりテリエは宇宙人(エイリアン)なんだな!

娘達について。
土曜日のリハーサル中にアクシデントが起こってしまい礼華が負傷(周りはみんな死んだと思った)
気を失いタンカで運ばれた・・・。その日は立つこともおぼつかなかった。
初日のオープニングは欠場を余儀なくされてしまった礼華だが、日曜日は痛み止めを使って根性で勤め上げた!

3人とも凄くいい経験になったと思う。
レーザー光線飛び交うDOMEのスロープを降りて来た娘達を見た時は、鳥肌が立った。まるで娘の運動会を見に来たパパです(笑)。
この機会を与えてくれた関係者のみなさまに心より感謝しています。
本当にありがとうございました!

娘たちも華麗に飛んだ!

ご苦労様でした。

最後に
このような大規模な世界大会を続けてほしい。
スノーボードをカッコイイと思ってくれる人が多く生まれるわけだし、夢を売り憧れを誘うNISSAN X-TRAIL IN TOKYO DOME。
さて来年は10回目となるわけだが、この世界不況・・・、自動車業界はどこへ進むのだろう???
全てのスノーボーダーがここを目指す!それがX-TRAIL。
来年もDOMEで会おう!

X-TRAIL JAM IN TOKYO DOME
Dec 13, 2009
Quater Pipe Results

1 Shaun White (USA)
2 Chas Guldemond (USA)
3 Peetu Piironen (FIN)
4 Risto Mttila (FIN)

Highest Air: Risto Mttila (FIN)

X-TRAIL JAM IN TOKYO DOME
Dec 14, 2009
Straight Jump Results

1 Torstein Horgmo (NOR)
2 Peetu Piironen (FIN)
3 Shaun White (USA)

Most Inpressive Rider: Takahiro Ishida (JPN)


http://www.x-trailjam.net/index3.html  

LINEで送る
Pocket